財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
C18002
タイトル
IoTセンサを用いたユーザへの負担を軽減する家庭内の行動観察手法 ―家庭内の省エネ阻害要因抽出のためのIoTセンサ活用―
[Title]
In-home behavioral observation employing IoT sensors for alleviating the burden of users - Leveraging IoT sensors for investigating barriers regarding energy saving
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
背景
低炭素社会の実現に向けて家庭部門の省エネが求められており、スマートメータデータを活用してパーソナライズされた省エネアドバイスを提供する手法が注目されている。しかし、家庭内で省エネ行動を阻害する要因は把握されておらず、パーソナライズされた情報提供が効果的でない場合がある。阻害要因抽出には行動観察による家庭内の行動実態調査が適しているが、観察にかかるユーザへの負担やコストが大きい。そのため、低価格化が進むIoTセンサの活用が効果的である。

目的
IoTセンサを用いて家庭内の省エネ阻害要因抽出を低負荷かつ低コストで実現する行動観察手法を構築し、その効果を検証する。

主な成果
1.IoTセンサを用いた行動観察手法の構築
構築した行動観察手法は、IoTセンサによる家庭内の行動計測、計測結果の可視化、可視化結果を用いたデプスインタビューから構成される。可視化によって習慣行動の把握など聴取すべき要点を事前に整理し、その意図や阻害要因を効率的に抽出できる(図1)。また、観察にかかるコストとユーザへの負担を低減することで長期間かつ多数の家庭を対象とした網羅的な観察が可能となる(表1)。
2.行動観察による家庭内の省エネ阻害要因抽出
20名の被験者に対して、約6週間の行動観察を実施した。インタビューの発言記録から家庭内の省エネ阻害要因を抽出・整理した(表2)。主な結果を以下に示す。
・長期間の観察結果から習慣的な家電利用実態を発見できることがわかった(図1)。また、計測データの可視化によって要点を簡易に整理でき、被験者が自らの行動を振り返ることでデプスインタビューをより効率的に行えることがわかった。
・同じ家電の利用においても、表2のカテゴリ3および6に示したエアコンに関するものなど、省エネ阻害要因は家庭によって異なることがわかった。

今後の展開
抽出・整理した家庭内の省エネ阻害要因を踏まえて、パーソナライズされた情報提供の実現に向けた検討を進める。
[Abstract]
This report proposes in-home behavioral observation method employing IoT sensors for alleviating the burden of users. Proposed method consists of three components: in-home sensing with IoT sensors, visualization of sensor data, and depth-interview. This method is applied to the investigation of barriers regarding energy saving activities in home for improving behavioral intervention methods. The results show in-home activities targeting twenty households are successfully observed and various barriers are extracted and organized.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2018
発行年月 [Issued Year / Month]
2019/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 俊一

エネルギーイノベーション創発センター デジタルトランスフォーメーションユニット

三浦 輝久

エネルギーイノベーション創発センター デジタルトランスフォーメーションユニット

市川 玲子

株式会社イデアラボ

澤井 大樹

株式会社イデアラボ

伊藤 千加

凸版印刷株式会社

大谷 智子

凸版印刷株式会社

伊原 克将

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

キーワード [Keywords]
和文 英文
IoTセンサ IoT sensor
行動観察 Behavioral observation
省エネ Energy saving
行動変容 Behavioral intervention
スマートメータ Smart meter
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.