財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
C18007
タイトル
オフィスを対象とした執務者の便益評価手法の検討−(その4)照度と色温度の変化が中高齢者の疲労と視認性に及ぼす影響 −
[Title]
Study on the method of benefit evaluation of the worker in the office environment -Part4 The effect of change in the illumination and the color temperature on the fatigue and the visibility at the middle-aged and elderly person -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
背 景
当所では、執務者の便益向上に寄与するため、オフィスを対象に、光環境と疲労や視認性の関係に着目した顧客便益評価手法の検討を行っている。昨今、良質な睡眠を促すサーカディアンリズム等を考慮し、照度と色温度を変化させる照明が導入されつつあるが注2)、それらの変化が作業時の疲労や視認性に及ぼす影響の検討事例は見当たらない。そこで前報では、被験者実験により、色温度変化が中高齢者の視認性向上に寄与する可能性を示した。しかし、照度変化も加味した、疲労や視認性への影響は明らかとなっていない。

目 的
中高齢者を対象に被験者実験を行い、照度と色温度の変化が、疲労や視認性に及ぼす影響について年齢群ごとに評価する。

主な成果
中高齢男女19名(M群:59歳以下、E群:60歳以上に分類)を対象に、疲労と視認性を評価する被験者実験を行った。PC作業前後の、精神疲労(フリッカー値)、視覚疲労(目の調節能力)、自覚疲労(目の疲労感等の主観申告)を測定した。また、印字の濃さが異なる4枚の試験用紙を用い、指示された向きのランドルト環を探索する方法で、視認性を評価した。結果を以下に示す。

1)両群の全ての条件で、朝から夕方に掛けて、目の疲労感が増加した。
2)朝の高照度・高色温度(C)は、両群のPC作業後の朝の視認性を向上させた。しかし、 M群は照度・色温度低下条件(C)において、E群は照度一定・色温度低下条件(B)において、朝から夕方に掛けて、視認性が有意に低下した。
3)夕方のPC作業に伴う疲労に着目すると、M群は、照度・色温度変化条件(C)における精神疲労が、E群は照度一定・色温度変化条件(B)における視覚疲労が、照度・色温度一定条件(A)に比べて高まった。

以上より、疲労や視認性の低下につながる照度と色温度の変化条件は、年齢群によって異なることが示唆された。疲労軽減と視認性向上を両立するような光環境を構築するためには、水晶体の白濁や光量の調節能力の低下といった、加齢に伴う目の特性を考慮した評価を、引き続き行っていくことが重要である。
[Abstract]
It is known that light environment affects human circadian rhythm. The purpose of this study is to identify the erect of the change in illuminance and color temperatures of task lighting on the subject's fatigue, visibility, and work efficiency. Nineteen middle-aged and elderly men and women participated as subjects. They were exposed to 3 different light environments (Condition A; illuminance and color temperatures were constant, Condition B; Only color temperatures were changed, Condition C; illuminance and color temperatures were changed). The subjects were divided into two groups according to the age. The subjects under the age of 60 were included in Group M (11 subjects with average age of 53.3) and the subjects aged 60 and over were included in Group E (8 subjects with average age of 67.5). During the experiment, subjects performed PC tasks, and their physiological and psychological responses, degree of fatigue, and degree of visibility before and after the task were measured in the morning, noon, and evening.The following results are obtained.
The results of flicker tests showed that the increment of the degree of fatigue from the morning to the evening under the condition C was greater than that under the fixed condition. Also, there was an increase in eye fatigue and brightness sensation as well as a significant decline in visibility over time. In Group E,sensitivity towards brightness was observed regardless of the conditions and time. In the evening, the condition B caused greater fatigue in the focus adjustment function than the fixed conditions. There was a significant decline in visibility from morning to evening.
It was shown that the conditions in which visibility declined differed between different age groups. The changes in eye conditions due to aging should be taken into account. A further study is required to develop lighting systems changing illuminance and color temperature for reducing eye fatigue and increasing the visibility.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2018
発行年月 [Issued Year / Month]
2019/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

安岡 絢子

エネルギーイノベーション創発センター カスタマーサービスユニット

宮永 俊之

エネルギーイノベーション創発センター カスタマーサービスユニット

岩田 利枝

東海大学

明石 行生

福井大学

キーワード [Keywords]
和文 英文
オフィス Office
照度 Illumination
色温度 Color temperature
疲労 Fatigue
視認性 Visibility
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.