財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
EY86005
[Title]
HISTORICAL CHANGE IN ENERGY USE IN JAPAN
タイトル
HISTORICAL CHANGE IN ENERGY USE IN JAPAN
[Abstract]
THIS PAPER DESCRIBES A HISTORICAL OVERVIEW OF THE DEMAND CHANGE IN ENERGY AND ELECTRICITY IN JAPAN AND A STUDY OF ITS FACTOR ANALYSIS AFTER THE FIRST OIL CRISIS. IN THIS STUDY, USING A SIMPLE MODEL, ENERGY/ELECTRICITY DEMAND CHANGES ARE BROKEN DOWN INTO SEVERAL FACTORS, I.E ENERGY CONSERVATION, INDUSTY-STRUCTUAL CHANGE, ECONOMIC GROWTH, AND SO ON. CONCLUDING REMARKS CONDUCTED FROM THE ANALYSIS INDICATE THE PERIODICAL MAJOR FACTORS AFFECTING THE CHANGES IN THE ENERGY/ELECTRICITY DEMAND AFTER THE FIRST OIL CRISIS. SOME COMMENTS CONCERNING THE FUTURE PERSPECTIVES ARE ALSO PRESENTED.
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1986
発行年月 [Issued Year / Month]
1986/12
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

内田 光穂

経済研究所経済部

藤井 美文

経済研究所経済部エネルギー研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
ENERGY DEMAND

FACTOR ANALYSIS
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.