財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
G03003
タイトル
低線量率放射線による生体防御・免疫機構活性化: - 細胞集団および細胞表面機能分子・活性化分子の解析-
[Title]
Immunological Network Activation with Low Dose-Rate Radiation: Analysis of Cell Populations and Cell Surface Molecules in Mouse Whole Body
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
免疫学をはじめ多くの研究分野で頻用される C57BL/6 マウスに低線量率の放射線を継続照射し、生体防御・免疫機構に及ぼす影響を分子細胞レベルから詳細かつ広汎に解析した。非照射対照群に比較して、低線量率照射を施した群では、生体を病原微生物やがん等の脅威から守る CD4 陽性 T 細胞および CD8 陽性 T 細胞において、CD4 陽性 T 細胞数ならびに CD8 分子の発現量が有意に増加した。さらに、がん、感染症、自己免疫疾患等で増加する CD40 陽性 B 細胞数が有意に減少した。炎症やアポトーシス、特定細胞集団の異常な増加や減少、活性化分子の異常な増加等の現象はいずれも認められなかった。また高線量率照射では認められた T 細胞受容体遺伝子の突然変異細胞も、低線量率照射群では、高線量率照射群の照射線量をはるかに超えているにも関わらず全く認められなかった。
[Abstract]
The effects of low dose-rate whole body irradiation on biodefense and immunological systems were investigated using female C57BL/6 (B6) mice. These B6 mice were exposed continuously to γ-rays from a 137-Cs source in the long-term low dose-rate irradiation facility at CRIEPI for 0 - 12 weeks at a dose-rate of 1.2 mGy/hr. In the bone marrow, thymus, spleen, lymph nodes and peripheral blood of the irradiated mice, changes in cell populations and cell surface molecules were examined. The cell surface functional molecules (CD3, CD4, CD8, CD19, CD45R/B220, ICAM-1, Fas, NK-1.1, CXCR4 and CCR5), and activation molecules (THAM, CD28, CD40, CD44H, CD70, B7-1, B7-2, OX-40 antigen, CTLA-4, CD30 ligand and CD40 ligand) were analyzed by flow cytometry. The percentage of CD4+ T cells and cell surface CD8 molecule expressions on the CD8+ T cells increased significantly after 3 weeks of the irradiation, compared to the non-irradiated control mice. On the other hand, the percentage of CD45R/B220+ CD40+ B cells, which are immunological markers of inflammation, infection, tumor and autoimmune disease, decreased significantly between the 3rd to 5th week of irradiation. Furthermore, abnormal T cells bearing mutated T cell receptors induced by high dose-rate irradiation were not observed throughout this study. These results suggest that low dose-rate radiation activates the immunological status of the whole body without causing radiation-induced damage.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2003/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

稲 恭宏

低線量放射線研究センター

酒井 一夫

低線量放射線研究センター

鈴木 郁乃

(株)ジェー・エー・シー 業務部 業務課

小田 武志

(株)ジェー・エー・シー 業務部 業務課

キーワード [Keywords]
和文 英文
低線量率放射線 Low dose-rate radiation
生体防御・免疫機構 Biodefense-immune system
細胞集団 Cell populations
機能分子 Functional molecules
活性化分子 Activation molecules
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.