財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
G03005
タイトル
マウス放射線発がんの線量率依存性 - ―低線量率なら長期継続照射しても胸腺リンパ腫を生じない―-
[Title]
Dose-Rate Dependence of Radiation-Induced Tumorigenesis in Mice: Absence of Thymic Lymphomas in C57BL/6 Mice Chronically Irradiated at a Low Dose-Rate
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
放射線誘発マウス胸腺リンパ腫の系において、高線量率照射の場合には全体の90%のマウスが胸腺リンパ腫を発症したのに対して、低線量率(1.2 mGy/hr、自然放射線の世界平均の約10,000倍)照射の場合には、330日間にわたって、積算総線量では高線量率照射群を上回る致死線量が照射されたにも関わらず、胸腺リンパ腫の発生は一例も認められなかった。さらに、他の放射線障害によると思われる病態も認められず、外見上も病的な異常を生じなかった。
[Abstract]
We examined the effects of chronic low dose-rate radiation on tumor induction in C57BL/6 mice. Thymic lymphomas were absent in C57BL/6 mice irradiated with a low dose-rate, 1.2 mGy/hr, chronically for 330 days (total dose: 9.4 Gy), while they developed with 90 % efficiency in C57BL/6 mice irradiated 4 times weekly with 1.8 Gy (total dose: 7.2 Gy) at the beginning of the experiment. The results indicate a very low efficiency of tumor induction with ionizing radiation given at a low dose-rate.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2003/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

稲 恭宏

低線量放射線研究センター

野村 崇治

低線量放射線研究センター

田ノ岡 宏

電力中央研究所

酒井 一夫

低線量放射線研究センター

星 裕子

低線量放射線研究センター

岩崎 利泰

低線量放射線研究センター

鈴木郁乃

(株)ジェー・エー・シー 業務部 業務課

小田武志

(株)ジェー・エー・シー 業務部 業務課

牧野奈緒

(株)ジェー・エー・シー 業務部 業務課

キーワード [Keywords]
和文 英文
長期 Long-term
低線量率放射線 Low dose-rate radiation
マウス Mice
胸腺リンパ腫 Thymic lymphoma
全身 Whole body
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.