財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
G03013
タイトル
低線量率放射線が遺伝子発現量の変動に与える影響 -放射線応答性遺伝子群の解析-
[Title]
The effects of low dose-rate ionizing radiation on the expression of the genes related to the p53 tumour suppressor gene
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
低線量や低線量率の放射線が生物に与える作用が、高線量の場合とは大きく異なることが明らかになりつつある。今回我々は、低線量率放射線の分子レベルでの機構解明の一環として、培養細胞の遺伝子発現におよぼす影響を調べた。がん抑制遺伝子p53は、放射線により活性化されて下流の遺伝子群の発現量を上昇させる、放射線応答における中心的遺伝子の一つである。このp53関連遺伝子を対象として低線量率放射線の影響を検討した。その結果、低線量率放射線照射に対する応答機構においてもp53が重要な役割を果たしていることを明らかにした。一方でp53の下流の遺伝子の活性化に高線量率の場合と違いが見られたこと、また細胞レベルでは通常p53が活性化された場合に見られる現象がみられなかったことも明らかにした。今後この違いの部分の機構をさらに明らかにしていくことにより、低線量率特有の応答機構の解明に繋がるものと期待できる。
[Abstract]
In these days many researchers are concerning on the difference of effects between high and low dose-rate ionizing radiation. But molecular mechanism of response to low dose rate irradiation is still unknown. We demonstrated here that very low dose-rate γ-irradiation of 1 mGy/hr stimulated gene expression of p53-related genes in human acute lymphoblastic leukemia cell line MOLT-4. The level of p21waf1 gene expression increased after irradiation longer than 1 day, reached a plateau (about 1.5-fold) at about 1 week and continued at the plateau to at least 311 days. The levels of GADD45 and Bax gene expression increased slightly, but the level of p53 and MDM2 gene expression did not. In the p53-defect cell line derived from MOLT-4, the increase of gene expression was repressed. These results suggest that also in the case of low dose-rate irradiation, p53 pathway is important. On the other hand, no effects on cell growth and cell cycle, which are normally observed in irradiated cells, were observed. The difference between phenomena observed at high and low dose-rate would be expected to be a clue of the mechanism of response to low-dose rate ionizing irradiation.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2004/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

岩崎 利泰

低線量放射線研究センター

酒井 一夫

低線量放射線研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
放射線 Ionizing radiation
低線量率 Low dose-rate
遺伝子発現 Gene expression
がん抑制遺伝子p53 Tumor suppressor gene p53
細胞周期制御遺伝子p21waf1 Cell cycle regulating gene p21waf1
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.