財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
H04007
タイトル
配電用柱上変圧器接地方式と雷過電圧発生様相の実験的検討
[Title]
Experimental study of overvoltages and flowing currents according to grounding methods of the pole installed transformer on power distribution lines.
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
需要家への電力供給配電柱には、柱上変圧器が施設されるが、その接地形態には2つの方式があり、採用状況は電力10社で半々となっている。しかし、これらの方式が、需要家との分岐点となる電力量計(WHM)や需要家設備にどのような影響を及ぼすか明確になっていないのが現状である。このため,当所塩原実験場の12MV衝撃電圧発生装置ならびに試験用配電線を用いて、変圧器柱の接地方式と雷過電圧(電流)発生様相の関係を明らかにした。主な結果は以下のとおりである。(1)高圧ブッシング間電圧とWHM線間電圧の双方に対して、共用接地が雷害対策上有利であることを明らかにした。この原因は、別接地では、(A種−B種)接地線間のスパークオーバに起因して高圧ブッシング間に急峻かつ大きな電圧が発生すること、ならびに、WHM線間には、高圧ブッシング間電圧の急峻な変化部で大きな電圧が発生することに依る。(2)配電線各部の電流分流様相ならびにWHM対地電圧の発生様相は、接地方式による違いは見受けられない。(3)変圧器用避雷装置の施設方法は、接地方式を共用接地にするとともに、動作開始電圧の低い避雷装置を採用し、さらに避雷装置施設位置を変圧器ブッシング近くにすることが雷害対策上効果的であることを明らかにした。(4)上記結果により、変圧器施設柱の接地方式としては、接地線数が少なく施工も容易な共用接地が雷害対策上優れていることが明らかであり、耐雷性能向上のためのコストアップは不要であると言える。
[Abstract]
In Japan, there are two grounding systems at the pole installed pole transformer. One is connecting the earth wire between earth of arrester and earth of transformer(earth type 1), The other is not connecting the earth of these earth wire(earth type 2). But, it is not clear that effectiveness of these systems on distribution lines. In order to clear the effectiveness of these systems against the lightning, relation between grounding systems and overvoltages or flowing currents was studied experimentally, Main results are shown below.(1) Earth type 1 is more effective against lightning because this earth suppress the primary bushing voltage of transformer and overvoltage between the two low voltage lines.(2) Steep and large overvoltage is occurred at the primary bushing of transformer as the earth type 2. This is caused by the sparkover between earth of arrester and earth of transformer. Overvoltage between the two low voltage lines is larger at the point of steep changing part of primary bushing voltage.As the effective method of the construction of arresters against lightning, it is necessary to suppress the sparkover voltage of arresters, and bring the arresters close to the transformer.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2004
発行年月 [Issued Year / Month]
2005/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

浅川 聡

電力技術研究所高電圧・電磁環境領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
Lightning
配電線 Distribution Lines
需要家設備 Customers Equipment
接地システム Grounding System
耐雷設計 Lightning Protection Design
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.