財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
H04008
タイトル
引込線に重畳する雷過電圧の発生メカニズムの解明
[Title]
A study on lightning overvoltage generation mechanism on drop wires
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
1.過電圧と落雷の関係1)落雷発生時,中性線にはインパルス性の雷過電圧が発生する。また,中性線には停電後も雷過電圧は重畳する。しかし,電源電圧の変動は小さい。2)負荷側である測定場所の接地を基準とすると,引込線と直交する線を境に,負極性の落雷では,負荷側の領域には正極性,電源側の領域には負極性の雷過電圧が発生する傾向が強い。2.引込線ループモデルの提案1)雷過電圧の発生に起因する引込線ループモデルを提案した。このモデルでは地上引込線ループの他にも接地を介した地下にも存在する仮想ループを考慮している。この面積と落雷位置標定システムによる雷電流などの関係を用いた過渡現象を考慮した計算から,二接地極間に発生する雷過電圧レベルを求めることが可能となった。
[Abstract]
This report shows the observation results obtained from measurements of lightning overvoltages on drop wires at customers in Japan.The results are as follows:1.The lightning ovetvoltage is generated on the neutral line voltage that is based of the measurement point, but there is little influence to the power supply voltage.2.The characteristics of lightning overvoltages have a tendency to become high, when the lightning stroke current is larger, and the stroke point is nearer the measurement point.3.The lightning overvoltage generation mechanism is able to explain from the electro-magnetic induction. It is considered that the lightning magnetic field acts on a drop wire loop including two grounding electrodes and the induced voltage is generated on the drop wire.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2004
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/01
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

宮島 清富

電力技術研究所高電圧・電磁環境領域

横山 茂

電力技術研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
引込線 Drop wire
雷過電圧 Lightning overvoltage
需要家 Customer
接地極 Grounding electrode
落雷位置標定システム Lightning location system
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.