財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
H05012
タイトル
プラズマを用いた放射性廃棄物の表面除染技術の開発(その6) -減圧アーク除染技術の配管形状廃棄物への適用-
[Title]
Development of Surface Decontamination Technology for Radioactive Waste Using Plasma (No.6)-Application of Low-Pressure Arc Decontamination Technology to the pipe shaped wastes-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
二次廃棄物が少ないといった特長を持つ、減圧アークプラズマ除染技術を開発している。本報告においては、腐食生成物皮膜付き配管形状試験片(内径φ39×100mm長さ)、熱酸化皮膜付き配管形状試験片(内径φ114×200mm長さ)に対して減圧アークを適用した。配管の回転速度と陽極の掃引速度は、酸化皮膜除去率、減圧アークの電圧の変動の観点から決定した。この結果、Co-60除去率90%を達成した。減圧アーク処理により、腐食生成物皮膜は除去されるが60Coの約50%は母材表面に移行し残留する。この後、更なる減圧アークの処理による60Coを含む母材の蒸発・除去により、60Co除去率が向上することが分かった。これらにより、母材内部に分布する60Coの除去率の向上の過程を把握することができたと共に、配管形状の廃棄物への適用可能性を得た。
[Abstract]
We have been studying a Dry Surface Decontamination Technology using Low-Pressure Arc, characterized by less secondary wastes etc. Here, Low-Pressure arc was applied to corrosion product film on pipe shaped test pieces (inside diameterφ39×100mm length, radioactivity accumulation time: about 10,000h ) and metal oxide film (inside diameterφ114×200mm length ) formed under high temperature dry air atmosphere. The conditions of rotational speed of test pieces and sweeping velocity of the anode were decided from the view point of metal oxide film removal ratio and fluctuations of Low-Pressure arc voltage. As a result, corrosion product film was removed by Low-pressure Arc, but 50% of 60Co inside this film moved and remained inside the surface of base metal. Evaporation and removal of the base metal including 60Co on its surface by more Low-pressure Arc treatment can achieve improvement of 60Co removal ratio. Finally more than 90% of 60Co removal ratio can be achieved.We can conclude that the method of application of Low-Pressure Arc decontamination technology to pipe shaped wastes would be obtained.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

古川 静枝

電力技術研究所高エネルギー領域

神戸 弘巳

材料科学研究所PDセンター

天川 正士

電力技術研究所

足立 和郎

電力技術研究所機器絶縁領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
減圧アーク Low-Pressure Arc
表面除染 Surface decontamination
配管廃棄物 Pipe shaped wastes
腐食生成物皮膜 Corrosion product film
プラズマ Plasma
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.