財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
H11029
タイトル
需要家端に分散配置する無効電力補償装置μSTATCOMの開発(その1)―概念と試作機による基本性能の検証―
[Title]
Development of a Distributed Static Synchronous Compensator micro-STATCOM (Part 1): Its Concept and Fundamental Validation Using a Prototype Model
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
太陽光発電設備の普及に伴い,余剰電力の逆潮流による需要家電圧上昇が懸念されている。また,電気自動車が普及すれば,夜間一斉充電による需要家電圧低下の可能性もある。このような需要家電圧変動の対策として,現状では,高圧配電線に自動電圧調整器や無効電力補償装置を設置する手法が検討されている。しかしながら,電圧規程が定められているのは需要家端の電圧であるから,需要家端に分散して無効電力補償装置を設置する手法も選択肢となり得る。低圧側への設置であれば,民生機器用のスイッチング素子を使用できるなど,コスト・小型化の点で優位になる可能性もあり,分散配置により設置の柔軟性や故障に対するロバスト性も確保できる。このような考えに基づいて,本報告では,需要家端に分散配置する分散型無効電力補償装置μSTATCOMを提案する。また,試作したμSTATCOMよる電圧調整実験の結果についても述べる。
[Abstract]
Owing to the wide spread of photovoltaic power generation systems, voltage rises due to reverse power flows at consumers are concerned about. Wide use of electric vehicles may cause voltage drops due to simultaneous charging at nighttime. To cope with these voltage fluctuations, installing an automatic voltage regulator or a static synchronous compensator at a high-voltage distribution line is under consideration. However, the voltage regulation in Japan prescribes the voltage at consumers, and thus, deploying small static synchronous compensators at consumers can be a realistic choice. Such static synchronous compensators can be advantageous in terms of costs and downsizing, since inexpensive switching devices for consumer electrical appliances can be applied. Distributed deployment may achieve flexibility of installation and robustness against faults. Considering above, this report proposes a distributed static synchronous compensator, micro-STATCOM. The result of voltage regulation tests using a prototype model of micro-STATCOM is described.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

福島 健太郎

電力技術研究所 電力応用領域

野田 琢

電力技術研究所 電力応用領域

樺澤 祐一郎

電力技術研究所 電力応用領域

根本 孝七

電力技術研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
太陽光発電設備 Photovoltaic power generation systems
電気自動車 Electric vehicles
低圧配電線 Low-voltage distribution lines
電圧調整 Voltage regulation
無効電力補償装置 Static synchronous compensator
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.