財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
H13001
タイトル
交流アークによるACSR素線溶断特性の計算手法の開発
[Title]
Development of calculation method for melting/breaking characteristics of ACSR strands due to AC arc
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
鋼心アルミより線(Aluminum Conductor Steel Reinforced;以下,ACSRと略称)は,ギャロッピングやスリートジャンプによる相間短絡で発生するアークにより素線が溶断することがある。この素線の溶断特性を把握するために交流アーク試験が行われている。しかし,この素線の溶断特性を評価するにはアークの電流値やACSRのサイズなどの多くのパラメータを変えて試験を行う必要がある。本報では,上記のパラメータが変化した場合のアークからACSRへの伝熱量および伝熱面積などを考慮してACSR素線の溶断特性を計算する手法を開発した。送電線の設備量および断線件数が比較的多い66/77kV以下の電圧階級を対象とし,ACSRのサイズを120〜610mm2として,全素線が溶断するアーク電流とアーク時間の関係を計算した。その結果,これまでの交流アーク試験で得られている結果と良い一致を示した。
[Abstract]
Some strands of ACSR (Aluminum Conductor Steel Reinforced) are sometimes melted and broken by AC arc due to the short-circuit fault caused by the galloping and/or the sleet jump of ACSR. AC arc tests are carried out to obtain the melting/breaking characteristics of ACSR strands. The tests have to be carried out under many conditions concerning the arc (current, duration, gap length, etc.) and the ACSR (size, kind of strands, etc.) to clarify the strands melting / breaking characteristics. In this report the melting / breaking characteristics of the ACSR strands are calculated considering the transferred heat and its area from the arc to the strands under the conditions mentioned above. The size of ACSR for the calculations is varied within the range of 120-610mm2 that is mainly used in the power transmission lines below 66/77kV systems, in which there are some faults of melting and breaking of ACSR strands. The melting / breaking characteristics of strands are calculated with arc current 1-40kA considering the short-circuit current of the transmission lines below 66/77kV systems. The calculation results of strands melting / breaking duration depending on the arc current show a good agreement with the experimental ones obtained in AC arc tests.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2013/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

岩田 幹正

電力技術研究所 大電力試験所

大高 聡也

電力技術研究所 大電力試験所

合田 豊

電力技術研究所 大電力試験所

キーワード [Keywords]
和文 英文
交流アーク AC arc
鋼心アルミより線 Aluminum Conductor Steel Reinforced (ACSR)
素線 Strand
溶断特性 Melting/breaking characteristics
短絡故障 Short-circuit fault
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.