財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
H13008
タイトル
送電線雷事故率の予測精度向上に関する研究(その2) −2並列アークホーンの同時フラッシオーバ特性におけるギャップ長依存性−
[Title]
Study on Improvement of Calculation Method of Lightning Outage Rate of Transmission Lines (Part 2) - Gap Length Dependence of Concurrent Flashover Characteristics of Two Parallel Arcing Horns -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
送電線雷事故率計算手法の改良を目的として、ギャップ長の同じ二組のアークホーンの同時フラッシオーバ特性を実験から求めた。二組のアークホーンのギャップ長は、77−154 kV送電系統を想定し、ギャップ長502 mm, 798 mm, 1200 mmとした。印加電圧波形は短波尾雷インパルス電圧とし、ギャップ間の電圧および接地線を流れる電流の測定と放電進展様相の観測を行った。
本報告書の主な結果は以下のとおりである。
(1)過電圧率V/V50(V:電圧波高値, V50:50%フラッシオーバ電圧)が1.0〜1.5の範囲では同時フラッシオーバ率が過電圧率に比例することがわかった。また、過電圧率が1.5以上になると、同時フラッシオーバ率が約90%となった。この特性に印加電圧の極性による差異は無い。
(2)高速度・高分解能なイメージコンバータカメラを用いて、片側フラッシオーバおよび同時フラッシオーバのときの詳細なリーダ進展様相を取得し、その差異を考察した。
[Abstract]
The concurrent flashover characteristics of two arcing horns are investigated for improving the calculation method of lightning outage rate of transmission lines. The gap lengths of the two arcing horns are the same and are set as 502, 798 or 1200 mm which are the gap lengths of arcing horns of 77 - 154 kV transmission lines. The wave shape of applied voltage is a short tail lightning impulse. The voltage between the two gaps and the currents flowing through grounding electrodes are measured using a resistive voltage divider and current transformers, respectively.
The main results are as follows;
(1) The concurrent flashover does not occur at V/V50 = 1.0 and its occurrence rate reaches 80% at V/V50 = 1.5, where V, V50 and V/V50 are the crest voltage, the 50% flashover voltage and the overvoltage ratio, respectively. The concurrent flashover rate is proportional to the overvoltage ratio from V/V50 = 1.0 to 1.5, and is saturated to about 90% over V/V50 = 1.5. The concurrent flashover rates are almost independent on the gap length and polarity of the applied voltage.
(2) The development processes of leaders are recorded using an image converter camera in the case of the one side flashover and the concurrent flashover.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田中 大樹

電力技術研究所 雷・電磁環境領域

三木 貫

電力技術研究所 雷・電磁環境領域

三木 恵

電力技術研究所 雷・電磁環境領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
同時フラッシオーバ Concurrent flashover
アークホーン Arcing horn
短波尾雷インパルス電圧 Short tail lightning impulse voltage
送電線 Transmission line
Lightning
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.