財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
H13012
タイトル
東京スカイツリーにおける雷観測 −雷電流波形観測システムの構築と2012年〜2013年の観測結果−
[Title]
Lightning Observation at Tokyo Skytree - Current Observation System and Observation Results from 2012 to 2013 -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告書では東京スカイツリーで実施している雷電流波形の観測について述べるとともに,代表的な観測波形を示している。東京スカイツリーは関東平野に含まれる東京都心の東部に位置する世界で最も高い634mの自立式電波塔である。平野部に高構造物がある場合には,雷雲の接近にともなって雷撃が多数予想されるが,このような自然雷の性状を把握するためには雷電流の観測が必須である。2012年と2013年の観測により,東京スカイツリーではフラッシュ単位で24回の電流波形の観測データが得られた。2012年はその多くが上向き雷で夏より前の時期に観測されたが,2013年は夏に多くの下向き雷が観測された。2年間で得られた電流波形は統計量としてのデータ数がまだ少ないが,耐雷設計に重要な波高値などの雷パラメータを抽出して累積頻度分布を計算し,過去の国内外での観測結果との比較を試みた。今後も雷観測を10年以上継続して雷パラメータが統計データとして蓄積されれば,これらは耐雷設計を合理化するために非常に有益なデータとなると考えられる。
[Abstract]
This report describes the observation of lightning current waveform at Tokyo Skytree and indicates some typical examples of obtained waveform. Tokyo Skytree stands in the eastern area of central Tokyo, located in the Kanto Plain, and is the tallest free-standing broadcasting tower in the world (634m). When a tall structure is located on a plain, it is expected that lightning will often strike the structure as thunderclouds approach. To determine the properties of natural lightning phenomena in detail, measurement of the lightning current is essential. From 2012 to 2013, the authors obtained 24 current data of lightning flashes. In 2012, most of observed flashes mainly composed of upward lightning flashes before the summer season. In contrast, in the summer season of 2013, obtained data mainly composed of downward lightning flashes. This report tries to evaluate the characteristics of each downward lightning waveform parameter calculated from the observed waveforms. Lightning waveform parameters will become very useful to rationalize lightning protection design for about ten years in the near future if the statistical data is accumulated continuing observing.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

三木 貫

電力技術研究所 雷・電磁環境領域

新藤 孝敏

電力技術研究所 雷・電磁環境領域

田中 大樹

電力技術研究所 雷・電磁環境領域

浅川 聡

電力技術研究所 塩原実験場

本山 英器

電力技術研究所 雷・電磁環境領域

齋藤 幹久

東京大学 生産技術研究所

石井 勝

電力中央研究所

鈴東 祐介

東武タワースカイツリー株式会社

田口 浩司

東武タワースカイツリー株式会社

日高 邦彦

東京大学 工学系研究科電気工学専攻

熊田 亜紀子

東京大学 工学系研究科電気工学専攻

キーワード [Keywords]
和文 英文
雷電流 Lightning current
雷観測 Lightning observation
高構造物 Tall structure
ロゴスキーコイル Rogowski coil
東京スカイツリー Tokyo Skytree
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.