財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
H13014
タイトル
OFケーブル油浸紙-絶縁油複合絶縁系の部分放電基礎特性
[Title]
Fundamental Partial Discharge Characteriscics of Oil Impregnated Insulation System for OF cable.
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
OFケーブルは油加圧の密閉下で完全ボイドレスな構造を有する油浸紙-絶縁油複合絶縁系の絶縁方式を採用していることから、部分放電(以下、PD : Partial Discharge)による熱劣化や放電劣化等の自然劣化は生じにくいと考えられてきた。しかし、近年、経年OFケーブル接続部の撤去品調査結果などから超高圧設備を含めてPDの痕跡が認められる事例が報告されている。また、従来、油量・油圧監視に加え、油中ガス分析で保守管理することが推奨されてきたが、局所的な欠陥が生じた場合、分解ガスが拡散せず欠陥部に留まり続ける可能性も指摘されており、油中ガス分析の更なる精度向上に加え、新たな劣化診断手法の確立が求められている。その一つとして、PD測定のOFケーブルへの適用が注目されてきているが、判定基準を定めるまでには至っていないのが現状である。
そこで本研究では、油隙欠陥を有する油浸紙-絶縁油複合絶縁系の試料を用いて、50Hz交流過電圧により連続放電を発生させて275kV級設計電界下でBDに至る恐れのある劣化状態を模擬した後、設計電界下でBDまでのPD基礎特性について実験的検討を行った。
[Abstract]
The fundamental partial discharge characteristics of an oil-impregnated insulation system with an oil gap for OF cable were investigated in this study. At first, we initially assumed the oil gap to be a defect of OF cable. and effects of the oil gap conditions such as size, depth, location, and volume on the partial discharge inception electric field (PDIEF). A breakdown occurred at the oil gap in all test samples. Then we selected one of the oil gap conditions that gave the lowest PDIEF, and we investigated its time transition of partial discharge characteristics under a continuous alternating current (AC) voltage application. As a result, partial discharges continued with the AC voltage that was lower than that of the partial discharge inception, and the test sample broke down after approximately 16 days. These results suggests that a certain amount of lead time is expected even when oil gaps are overlapped on the inner conductor or under the outer shield due to core movement of OF cables after lengthy operation and partial discharges continuously occur.
And phase angle characteristics of partial discharge charge magnitude showed typical patterns of partial discharges in a void until before breakdown that changed just before that point. Therefore, these patterns are useful for removing outer noises and for determining the occurrences of partial discharges in OF cable systems under operation .

報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

岩下 雄宇

電力技術研究所 高電圧・絶縁領域

栗原 隆史

電力技術研究所 高電圧・絶縁領域

高橋 俊裕

電力技術研究所 高電圧・絶縁領域

岡本 達希

電力技術研究所

高橋 紹大

電力技術研究所 高電圧・絶縁領域

堀 康彦

電力技術研究所 高電圧・絶縁領域

足立 和郎

電力技術研究所 高電圧・絶縁領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
OFケーブル oil filled cable
部分放電 partial discharge
劣化診断 degradation diagnosis
油浸絶縁紙 oil impregnated insulation system
油隙 oil gap
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.