財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
H14015
タイトル
東京スカイツリーにおける雷観測(その2)−2014年の観測結果および落雷発生時の気象分析結果−
[Title]
Lightning Observation at Tokyo Skytree (Part 2) - Observation Results in 2014 and Evaluation Results of Meteorological Condition when Lightning Strikes -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
東京スカイツリーでは,2014年に15回の落雷があり,これまでに下向き雷19件,上向き雷23件が観測されている。本報告では,雷電流の観測結果から得られる各種の雷パラメータの累積頻度分布あるいは雷パラメータ相互の関係を分析し,現時点の統計値としての雷観測データを更新して報告する。また,東京スカイツリーでの下向き雷・上向き雷の発生と上空の気象状況について,当所の地球工学研究所が開発したNuWFAS (Numerical Weather Forecasting and Analysis System) という気象解析システムを用いて,東京スカイツリーへの落雷発生時の上空の温度高度を分析した。雷雲の負電荷の中心が存在するとされる-10℃高度を下向き雷・上向き雷ごとに分析することで,東京スカイツリーでは-10℃高度がおおむね5500m以上で下向き雷が発生し,5500m以下では上向き雷が発生することが明らかとなった。これより下向き雷と上向き雷を区別して雷パラメータや雷性状を分析することが可能となり,雷観測データは耐雷設計の合理化検討に非常に有益なデータとなると考えられる。
[Abstract]
Both 19 downward and 23 upward lightning have been observed at Tokyo Skytree from 2012 to 2014. This report describes updated lightning parameters; such as current and charge transfer of return strokes of downward and upward lightning. This report also describes the relationship between downward and upward lightning occurrence and meteorological conditions. The authors investigated their meteorological conditions by data assimilation with Numerical Weather Forecasting and Analysis System (NuWFAS) developed by Civil Engineering Research Labs. of CRIEPI. We obtained the altitude of -10 degree Centigrade temperature level; where the lower charge center frequently exists in thunderclouds, when downward and upward lightning occur. From 2012 to 2014, downward flashes to the tower occurred when the altitude of -10 degree Centigrade temperature level was higher than 5.5 km except 2 data. In contrast, except 3 data, upward flashes occurred when the -10 degree Centigrade temperature level was lower than 5.5 km.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2014
発行年月 [Issued Year / Month]
2015/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

三木 貫

電力技術研究所 雷・電磁環境領域

齋藤 幹久

電力技術研究所 雷・電磁環境領域

新藤 孝敏

電力技術研究所 雷・電磁環境領域

浅川 聡

電力技術研究所 塩原実験場

本山 英器

電力技術研究所 雷・電磁環境領域

杉本 聡一郎

地球工学研究所 流体科学領域

石井 勝

電力中央研究所

鈴東 祐介

東武鉄道株式会社

田口 浩司

東武タワースカイツリー株式会社

藤澤 彬誠

東武タワースカイツリー株式会社

田島 暁

東武タワースカイツリー株式会社

キーワード [Keywords]
和文 英文
雷電流 Lightning current
電荷量 Charge transfer
下向き雷 Downward lightning
上向き雷 Upward lightning
-10℃高度 -10 degree Centigrade temperature level
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.