財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
H15004
タイトル
電力系統瞬時値解析プログラムの開発(その9) ― 電力系統の周波数特性計算の高速化 ―
[Title]
Development of an Electromagnetic Transient Analysis Program for Power Systems (Part 9): A Fast Frequency-Scan Algorithm
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
直流送電設備や周波数変換設備など交直変換設備の導入検討において,特定の母線から系統を見込んだインピーダンスの周波数特性を計算する場合がある。この計算には,瞬時値解析プログラムが利用されるが,数百から数千点の周波数において大規模な行列演算を行う必要があり,計算に長時間を要する。そのため,周波数特性計算の高速化が求められている。本報告では,周波数特性計算の計算過程の中で計算時間の大半を占める順序付けと呼ばれる行列演算に対し,計算精度が問題とならない場合にこれを省略して,計算時間を短縮する手法を提案した。計算精度の評価には,誤差の指標として知られている,不安定因子と呼ばれる数値指標を用いた。周波数特性計算の計算例を用いて従来手法と提案手法を比較し,計算精度はほぼ同等のまま,約20倍の高速化となることを示した。
[Abstract]
For the harmonic interference analysis of AC/DC converters used in HVDC transmission systems and frequency-converter stations, the calculation of the frequency response of the AC network impedance seen from the converter bus is required. Electromagnetic transient analysis programs are often equipped with a function for calculating this kind of frequency response. The frequency-response calculation involves successive solutions of large-scale linear equations at hundreds of frequency points. This process is quite time-consuming, and a faster calculation algorithm is thus desired. This report proposes to use the ordering result at the previous frequency point in the successive solutions of linear equations when a pre-defined accuracy is maintained. In this way, time-consuming ordering process is largely skipped, and a fast calculation is thus achieved. The accuracy is evaluated based on the "growth factor" which gives an index of the quality of matrix ordering. In this report, the accuracy and the speed-up factor of the proposed method are evaluated, and it is shown that the method achieves a computational speed which is about 20 times as fast as the conventional method.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

米澤 力道

電力技術研究所 電力応用領域

佐野 憲一朗

システム技術研究所 電力システム領域

野田 琢

電力技術研究所 電力応用領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
瞬時値解析 Electromagnetic transient analysis
周波数特性計算 Frequency scan
高速化 Fast algorithm
ピボッティング Pivoting
XTAP XTAP
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.