財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
L05006
タイトル
クリアランスレベル測定装置CLALISの応用 -天然放射性核種に起因するバックグラウンド計数率の補正手法の開発-
[Title]
Application of Clearance Automatic Laser Inspection System-Development of correction method of background count rate due to natural radionuclides-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
当所では、これまで、廃止措置によって発生する金属廃棄物を対象とし、高精度かつ極微量の放射能を検出可能なクリアランスレベル測定装置CLALIS(Clearance Automatic Laser Inspection System)を開発してきた。本装置は、レーザー形状計測技術とモンテカルロ計算を活用した、新しい放射能評価手法を適用しており、模擬金属廃棄物と標準線源を使用した様々な試験結果から、優れた検出性能が明らかにされている。CLALISをコンクリート廃棄物へと適用するためには、コンクリート中に含まれる天然放射性核種の影響を適切に評価しなくてはならない。高純度Ge検出器による事前サンプル測定結果と、モンテカルロ計算を組み合わせ、測定中BG計数率を高精度に補正する手法を新たに開発し、その補正性能について検証した。その結果、本手法は、様々な放射能濃度、形状及び量のコンクリート廃棄物に対し、±4%程度以内で、測定中BG計数率を補正可能であることがわかった。
[Abstract]
We have been developed Clearance Automatic Laser Inspection System (CLALIS) for clearance measurement of metal wastes. CLALIS consists of four laser scanners, eight large plastic scintillation detectors at the upper and lower sides of the radiation measurement area surrounded by a 5-cm-thicklead shield. In the clearance measurement for concrete waste using CLALIS, it is necessary to estimate increase of background (BG) count rate during the measurement since the BG count rate may be increased due to natural radionuclides, such as Th-232, U-238 and K-40 which are distributed in concrete material. To estimate the influence of natural radionuclides to the BG count rate, new flow was added in the previous flow for activity estimation. By applying the pre-analyzed data of gamma-ray emission rate of target concrete into Monte Carlo calculation, it is clarified that CLALIS can estimate the increase of BG count rate within a good accuracy of +/- 4% for various shape and amount of mock-concrete waste samples.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

佐々木 道也

原子力技術研究所放射線安全領域

服部 隆利

原子力技術研究所放射線安全領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
γ線計測 Gamma-ray measurement
クリアランスレベル Clearance level
コンクリート Concrete
天然放射性核種 Natural radionuclides
モンテカルロ計算 Monte Carlo calculation
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.