財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
L07001
タイトル
線量-線量率マップを用いた放射線生物影響データ分析
[Title]
A graphical review of radiobiological experimental data using the dose/dose rate map
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
大量のデータを線量-線量率マップ上にプロットし、様々な条件を指定して該当するデータのみを表示することができるツールを作成した。これを用いて、実験動物の放射線発がんに関する文献データを整理、以下の知見を得た。
・データ整理の結果は、従来の線量-線量率マップの領域分けと矛盾するものではない。ただし、「障害の誘発」と「生体防御機能の増強」の分布する領域は重複しており、両者を単純に区分することは難しい。今後、領域分けの信頼性をより高めていくためには、より幅広い線量・線量域で包括的にデータを取得していくことが必要である。
・障害の種類、発生部位ごとの表示による分析を試みた結果、障害の発生する領域は条件によって大きく異なり、肉腫では比較的高い線量・線量率域まで生体防御機能の増強が多く見られることが明らかになった。
[Abstract]
We have been investigating the effects of low dose or low dose rate irradiation on mice, using our low dose-rate irradiation facilities. In these studies, we found that the effects were highly dependent on both total dose and dose rate. To show this visually, we proposed the "dose/dose rate map," and plotted the results of our laboratory and our co-workers. The map demonstrated that dose/dose rate plane could be divided into three areas; (1) an area where harmful effects are observed, (2) an area where no harmful effects are observed and (3) another area, between previous two areas, where certain protective functions are enhanced.
As this map would be a powerful tool to find some trend among the vast numbers of data relating the biological effects of ionizing radiation, we have developed a computer program which plots the collected data on the dose/dose rate map sorting by experimental conditions.
In this study, we graphically reviewed and analyzed the data relating to the lifespan studies of animals with a view to determining the relationships between doses and dose rates of ionizing radiation and cancer incidence. The data contains about 800 sets of experiments, which concerns 187,000 animals exposed to gamma ray or X-ray and their 112,000 controls, and total of about 30,000 cancers in exposed animals and 14,000 cancers in controls.
About 800 points of data were plotted on the dose/dose rate map. The plot showed that
(1) the divided three areas in the dose/dose rate map were consistent with these 800 points of data, and
(2) in some particular conditions, e.g. sarcoma, the biologically effective area is extended to relatively high dose/dose rate area.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2007
発行年月 [Issued Year / Month]
2008/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

吉田 和生

原子力技術研究所 放射線安全研究センター

星 裕子

原子力技術研究所 放射線安全研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
線量-線量率マップ dose/dose rate map
低線量放射線 low dose radiation
放射線影響 radiobiological effects
がん cancer
生体防御機構 portective functions
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.