財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
L07012
タイトル
コンジョイント分析によるエネルギー技術特性評価手法の開発
[Title]
Development of a methodology to evaluate characteristics of energy technology by conjoint analysis
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
次世代エネルギー技術の開発においては、社会受容性を考慮しつつ開発目標を検討する事が望ましい。そのためには、一般の人々が、経済性、資源量、環境負荷等の内、どの発電技術の評価属性を重要視するかも含めた総合的なエネルギー評価手法が必要となる。本報告書では、市場調査の分野で開発されたコンジョイント分析手法を適用することで、属性間の比較も可能とするエネルギー技術特性評価手法の開発を行う。今回はエネルギー技術全体を評価するのでなく発電技術に焦点を絞って検討を行った。その結果、一般の人々約1600人から得られたアンケート調査をもとに、主要な発電技術特性であると考えられる資源量、CO2排出量、供給安定性、安心感、経済性に関する効用関数を得た。ここで開発した発電技術に関する効用関数導出手法は、客観的な基準による定量的なエネルギー特性評価の第一歩である。今後の課題としては、属性水準の設定点・設定範囲の最適化ならびに、今回考慮に入れる事が出来なかったCO2排出以外の廃棄物量等の評価基準を拡充する必要がある。
[Abstract]
Public acceptance is one of the important issues for developing and introducing the next-generation energy system, and that should be taken into account when the development goal of the next-generation energy system is discussed. The key to take public acceptance into account on the energy system is how to evaluate and compare quantitatively the merits and the demerits of each energy system from the public view point. In this report, a method to evaluate the property of energy technology is developed based on the conjoint analysis technique. For simplicity, the electric generation systems are focused as the energy technology in this report. Based on the statistical method, utility values for energy abundance, environmental load (i.e. CO2 emission), stability of supply, sense of security, and other features as well as economic performance, are estimated from several thousands of choice experiments to more than 1600 respondents volunteered in the study. the basic methodology developed in this study establishes the first step to assess energy technology quantitatively on a common standard, and needs further integration with other factors, such as waste generation other than CO2.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2007
発行年月 [Issued Year / Month]
2008/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

日渡 良爾

原子力技術研究所 新型炉領域

岡野 邦彦

原子力技術研究所 新型炉領域

朝岡 善幸

原子力技術研究所

長野 浩司

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

小川雄一

東京大学高温プラズマ研究センター

加藤 尊秋

北九州市立大学大学院 国際環境工学研究科

飛田 健次

日本原子力研究開発機構 那珂核融合研究所

乗松 孝好

大阪大学 レーザーエネルギー学研究センター

七原 俊也

システム技術研究所 需要家システム領域

浅野 浩志

社会経済研究所 事業経営・電力政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
エネルギー技術 Energy technology
技術評価 Technology assessment
効用関数 Utility function
コンジョイント分析 Conjoint analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.