財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
L11003
タイトル
リスクアセスメントの推進に関する促進・阻害要因の調査および支援策の提言
[Title]
Investigation into Promotion/Disincentive Factors and Proposal of Support Policy in Implementation of Risk Assessment
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
2006年の4月における労働安全衛生法の改正施行にともない,安全管理者を選任しなければならない業種の事業所では,リスクアセスメント(RA)を実施することが努力義務化された。しかしながら,大多数の事業所でRAを実効的に推進していくまでには,まだいくつかの課題が残されていると思われる。
本研究では,まず,文献調査によりRAを導入する際にそれを促進・阻害する要因を調査し,トップの関与,RAを推進するしくみ,など16のカテゴリで49の促進要因,23の阻害要因を明らかとした。次に,電力会社,協力会社を訪問調査し,文献調査で得られなかった新たな要因カテゴリと促進要因を見出した。
文献,訪問調査で得られた促進要因を取り込むとともに,RA活動のスパイラルアップを図る段階を加え,RA導入の4つの段階における導入支援策を提言した。
[Abstract]
The implementation of risk assessment (RA) has been mandated effort in business place of the type of industry that must elect a safe hygiene manager by the enforcement of the revised Occupational Safety and Health Act of April, 2006. However, it is guessed that some problems are still left unfinished in many business places to promote RA effectively.
In this study, at first the authors investigated promotion factors and disincentive factors when implementing RA by literature survey. As the result, factors to show as follows were classified in some categories such as participation of the top, the organization which promotes RA, the use of the existing safety activity, matching of RA technique and work, etc.
(1)unlike conventional safety activity to learn from a disaster, infiltrating significance of RA to prevent a risk enough
(2)letting a worker engaged in work participate in RA
Next, the authors performed the visit investigation for 8 business places and extracted a new promotion factors to show as follows.
(3)incorporating RA in usual duties
(4)utilizing results of RA effectively
In reference to above promotion factors, the authors examined a policy to implement RA smoothly.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

長坂 彰彦

原子力技術研究所 ヒューマンファクター研究センター

富澤 則雄

日本原子力発電 発電管理室 品質保証チーム

キーワード [Keywords]
和文 英文
リスクアセスメント Risk Assessment
促進要因 Promotion Factors
阻害要因 Disincentive Factors
訪問調査 Field Survey
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.