財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
L11015
タイトル
安全文化の今後の方向性に関する検討 −安全文化、高信頼性組織、レジリエンスの概念整理から−
[Title]
Discussion on Future Direction of Safety Culture: Based on Review of Safety Culture, High Reliability Organization, and Resilience
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
これまで潜在的危険性を有する多くの企業は、事故・トラブルの防止のため、安全文化の醸成に努めてきた。しかし2011年の東日本大震災を機に、不測の事態(事前に想定していなかった重大事象)への備えや、事態発生時に適切に対処することへの関心を高めつつある。不測の事態に適切に対応できる組織に関する従来研究においては、「高信頼性組織(以下HROと記す)」「レジリエンス」といった概念が提唱されてきたが、概念間の重複部分など相互関連性が十分に整理されておらず、またこれら二概念と安全文化との関連性も整理されていない。そこで本報では、HRO、レジリエンスの二概念の相互関係、および安全文化との関連性を整理した。まず、HROとレジリエンスの概念を整理したところ、2つの概念は構成要素のレベルで非常に似通っていることが示された。また、これらの概念の構成要素を分類すると、平時の備えと不測の事態発生時の対応に大別できた。次にこれらの構成要素と安全文化の下位概念を対応付けたところ、安全文化は平時の備えに分類された要素と関連が深いことが示唆された。この結果は不測の事態に対応できる組織作りに際し、従来から行われている安全文化の醸成を基盤としつつ、不測の事態への対応力向上に向けた取組みを重ねる必要性を示している。今後は従来研究の知見を踏まえ、不測の事態に適切に対応できる組織の要件解明に取り組んでいく。
[Abstract]
Organizations with high risks had aimed to foster safety culture in order to prevent accidents and troubles. However, they have been additionally required to focus on to cope with various kinds of unexpected events since the Tohoku earthquake in 2011. Although several concepts related to well coping organizations with such unexpected events (WCO), i.e. High Reliability Organization (HRO) and resilience, were propounded in previous studies, they have not been organized in spite of their much relevance. In addition, it has not been clarified relations with the two concepts and safety culture. The purpose of this study is to consider the direction to aim at becoming WCO by organizing ever proposed concepts and examining the correlation between them and safety culture. Firstly, components of the two concepts were classified. As a result, considerable resemblance was observed between the two concepts, and it was clarified the components encompassed organizational responses both in usual and urgent conditions. Next, values included in safety culture were correlated to above components to consider the relevance of safety culture and the two concepts. The result suggested values in safety culture focused largely on responses in only usual condition. Hence, it is supposed organizations will be required to enhance abilities to cope with unexpected events on the basis of safety culture for becoming WCO. Lastly, three focal points to comprehend characteristics of WCO were extracted based on above results.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

長谷川 尚子

原子力技術研究所 ヒューマンファクター研究センター

早瀬 賢一

原子力技術研究所 ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
高信頼性組織 High Reliability Organization (HRO)
レジリエンス Resilience
安全文化 Safety culture
組織文化 Organizational culture
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.