財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
L12004
タイトル
PRA入力用共通原因故障国内データ分析と信頼性パラメータの推定(電気・計装品編)
[Title]
Common Cause Failure Event Analysis and Reliability Parameter Estimation of Electric and Instrument Components for the Nuclear Power Plants in Japan
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
共通原因故障(CCF)は原子力発電所の安全性に大きな影響を及ぼすことから,当所では我が国の原子力発電所におけるCCF事象の分析手法ならびに,PRAのCCFモデルパラメータ評価手法の整備を進めている。本報告では,我が国の発電所の電気・計装品について分析し,また,その結果からインパクトベクトル(CCF事象件数)を算出し,αファクタモデルとMGLモデルのモデルパラメータを推定した。
[Abstract]
Since common cause failures (CCFs) have particularly significant influence on the safety of nuclear power plants, the authors are developing the analysis methods of the CCF events in the Japanese nuclear power plants and the evaluation procedure of CCF model parameters used in probabilistic risk assessment (PRA). This report provides the CCF event analysis results of the electric and instrumentation components in the domestic NPPs. It also provides the impact vectors (vectors of CCF event counts) derived from the analysis and the estimates of the CCF model parameters for alpha-factor model and Multiple Greek Letter (MGL) model using the impact vectors.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2012
発行年月 [Issued Year / Month]
2013/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

吉田 智朗

原子力技術研究所 原子炉システム安全領域

真田 高宥

原子力技術研究所 原子炉システム安全領域

桐本 順広

原子力技術研究所 原子炉システム安全領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
確率論的リスク評価 probabilistic risk assessment
共通原因故障 common cause failure
インパクトベクトル impact vector
αファクタモデル alpha factor model
MGLモデル MGL model
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.