財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
L12005
タイトル
チーム理想像の評価手法の作成−緊急時対応におけるチームワークの研究(1)−
[Title]
Development of the assessment method for the idealized images of teams -Investigation on the teamwork in emergency response situation (1)-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
東日本大震災を契機として,わが国では緊急時対応力を強化するための訓練の拡充が尽力されてきた。原子力発電所のような大型設備では,事故や災害が生じた場合,作業員たちが独力で対処することは困難であり,相互に協働して緊急事態の沈静化と復旧対応にあたらなければならない。そのため,緊急時対応にチームワークは不可欠といえるが,どのようなチームワークの発揮が求められるのか,その要件は未だ明らかにされてはいない。そこで本研究では,緊急性の異なる3つの状況において,理想的とされるチームのイメージを質問紙で把握する手法を作成し,原子力発電所の運転操作を熟知した指導員21名を対象に試験的に適用した。この手法では,平常時(通常の業務遂行),異常時(トラブル対応,設備故障対応),緊急時(過酷事故や災害への対応)の3つの状況の想定を求めた上で,チーム理想像に関して4つの側面(「意思決定」,「相互協調」,「適応調整」,「指揮統制」」)からの評価を得る。質問紙への回答は,理想的イメージを可視化するためプロファイル形式でグラフ化し,状況間でのスコアの違いについて検討した。その結果,状況の緊急性に依存して,チーム理想像は異なることが示唆された。得られた知見に基づいて,訓練への示唆と今後の研究の展開について議論した。
[Abstract]
Since the occurrence of the Tohoku Pacific Earthquake and the nuclear disaster in 2011, the strengthening of emergency response training has been emphasized in Japanese electric industries. When disasters and accidents occur in a nuclear power plant, workers should collaborate with each other to mitigate possible hazards and to recovery from emergencies, as self-effort is not sufficient in these times. Effective teamwork is essential for the success of emergency response. However, the aspects of teamwork that are required in emergencies remain unclear. This study developed a questionnaire instrument to assess the idealized image of effective power plant operator teams in three different levels of emergencies. A pilot test of the instrument was conducted with 21 training instructors who are subject-matter experts in nuclear power plant operation. In the questionnaire, three hypothetical situations of differing emergency levels were presented: "normal" (routine operation), "abnormal" (trouble shooting and malfunction correction), "emergency" (severe accident and disaster response). The idealized image of teams in each situation was also assessed in four aspects: "decision-making", "coordination", "adaptation and adjustment", and "command and control". Questionnaire responses were summarized in a profile form to picture the idealized images, ant the profile scores in each situation were compared. Results suggested that, the idealized image of effective teams is different depending on the level of emergency. The Implications of results for training and future research directions are discussed.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2012
発行年月 [Issued Year / Month]
2013/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

三沢 良

原子力技術研究所 ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
チームワーク Teamwork
緊急時対応 Emergency response
運転チーム Operator teams
訓練指導員 Training instructors
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.