財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
L13003
タイトル
放射線防護基準の進展に関与する国際組織の動向
[Title]
Activity Trends of the International Organizations Involved in the Development of the Radiological Protection Standards
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
放射線防護基準策定に関与している国際的組織について,公開情報とICRP刊行物のドラフト版に対するコメントに基づいて各組織の設立背景や趣旨を調査した。さらに,ICRPのリエゾン組織情報も調査し,今後の放射線防護の進展において重要になると考えられる国際的組織と関心事項を抽出した。本調査により,国際放射線防護学会(IRPA)とその加盟学会の活発な活動が明らかになった一方で,近年設立された欧州ALARAネットワーク(EAN)及び原子力及び放射線緊急時対応と復旧の準備にかかる欧州プラットフォーム(NERIS)のような,規制機関,事業者等異なる立場の関係者(ステークホルダー)を巻き込んだ団体の関与も認められた。以上の結果から,我が国の放射線防護に係る研究成果及び意見を国際的に発信していくためには,IRPAと連携を図ること,EAN及びNERISと議論を活性化させることに加え,新たに国内の様々なステークホルダーを交えたプラットフォームを構築し,我が国の情報や意見を集約してから発信していくことも有効と考えられる。
[Abstract]
In the development of the radiological protection standards, the United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation (UNSCEAR), the International Commission on Radiological Protection (ICRP), and the International Atomic Energy Agency (IAEA) play important roles by summarizing latest knowledge on radiation effects, by developing the principles of radiological protection, and by providing the international basic safety standard for national legislations, respectively. Recently, large number of international organizations, communities and networks are recognized as key stakeholders, and are involved in the activities of evolving the radiological protection standards. As these international bodies are mainly originated from European counties which have been leading discussions in terms of radiological protection so far, and it is also envisaged that they will strongly be engaged in its development in the future, it will be worthwhile to regard their activity trends for getting research results and considerations reflected into the radiological protection standards, i.e. the ICRP fundamental recommendations. In this study, the backgrounds and current activities of those international bodies were collected and analyzed to identify their exact interests and targets in the radiological protection area. Their comments on the recent ICRP publication drafts were also referred.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

佐々木 道也

原子力技術研究所 放射線安全研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
放射線防護 Radiological Protection
ICRP ICRP
国際組織 International Organization
勧告 Recommendation
発信 Dissemination
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.