財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
L13004
タイトル
安全行動促進に向けた安全ルール導入方策に関する検討(その2)−作業条件が安全行動選択に至る心理プロセスへ及ぼす影響の調査−
[Title]
A Study on measures for safety rule introduction that promote safety behaviors (Part 2) - An effect of work conditions on a psychological process of safety behaviors-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
電力施設等の作業現場では,作業者の立場に立った,自律的な安全行動促進のための安全ルール導入が望まれている。前報では,安全ルール導入時に,人の要因,作業条件等(安全行動選択の阻害要因)が安全行動選択に至る心理プロセスに及ぼす影響を緩和する方策に重点を置くことの重要性を示したが,一方で,作業条件の影響に関する先行知見が少ないという課題が明らかになった。そこで,上記知見を拡充するために,実験参加者40名に,作業条件を表現したモデルタスクを実施させ,各タスク実施後には「安全行動選択に至る心理プロセスの構成要素」を評価する質問紙に回答させることで,作業条件が安全行動選択に至る心理プロセスに及ぼす影響を明らかにした。その結果,1)切迫作業条件下での安全行動は,作業の効率が低下すると感じると共に,正確な操作を必要とする度合いが高まる,気分的に余裕がなくなる等の身体・心理負荷も増大する,2)繰返し,複雑,リスクがわかりにくい作業条件下での安全行動は,集中力を必要とする等の身体・心理負荷が増大し,さらに,作業着手時の安全行動選択への積極性が低い者は,安全行動に対する時間的負担感を感じやすくなる可能性がある,等が明らかとなった。今後は,安全ルール導入方策による,「安全行動選択に至る心理プロセスの構成要素」の緩和可能性を検証する。
[Abstract]
Safety rule introduction for promoting safety behaviors from the standpoint of a worker is desired. Our previous study identified possible disincentives for promoting safety behaviors with safety rules by literature review, and showed the importance of prioritizing the measures that mitigate the effect of the disincentives on the components of a psychological process of safety behaviors at the time of safety rule introduction. On the other hand, it was clarified that there were few prior findings about the effect of work conditions as the disincentives. To expand above findings, 40 subjects were requested to do model tasks in which work conditions were expressed, and to answer the questionnaire about the components of a psychological process of safety behaviors after each task. As the result, the following examples of considerations at the time of safety rule introduction were clarified. 1) Under time pressure condition, safety behaviors lead to the supposition of decrease in work efficiency and increase in mental workload. 2) Under repetitive or complicated work condition, safety behaviors lead to the supposition of increase in mental workload. 3) Under easy work condition, safety behaviors lead to the supposition of unavoidableness of risk, feeling of dissatisfaction, and increase in mental workload. Future research should clarify the mitigation effect of measures for safety rule introduction on the disincentives for promoting safety behaviors.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

武田 大介

原子力技術研究所 ヒューマンファクター研究センター

弘津 祐子

原子力技術研究所 ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
安全ルール Safety rule
安全行動 Safety behavior
作業条件 Work condition
ルール導入 Rule introduction
心理プロセス Psychological process
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.