財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
M04010
タイトル
超高効率MCFC-GTハイブリッドシステムの提案
[Title]
Proposal of ultra-high efficiency MCFC−GT hybrid system
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
ガスタービンと燃料電池のそれぞれの特徴に着目して高効率発電システムの構築を試み、MCFC-GTハイブリッドシステムを考案した。本システムは酸素吹きのクローズド構成を採用することで、MCFCと高性能なガスタービンの組み合わせによる高効率化を図るとともに、二酸化炭素全量を回収可能で、さらにMCFCカソードにノーブルガスの供給することでMCFC出力密度の向上も図れるシステムである。本システムの熱効率試算の結果、送電端効率65%以上と、非常に高い熱効率を達成可能であることが分かった。さらに、増湿塔の適用など一層の高効率化方策と、高二酸化炭素分圧下でのMCFC寿命などの開発課題を整理した。
[Abstract]
Considering the feature of both of a gas turbine and a fuel cell, we designed the new MCFC-GT hybrid system. This system is a oxygen blown semi-closed configuration. Using this configuration, the combination of MCFC and combustion turbine became possible. In addition, adopting this system enables not only the carbon dioxide recovery but also to increase the MCFC output power density. As a result of heat and mass balance calculation, the sending-end efficiency of this system proved to be over 65%. Moreover, we arranged development tasks and the strategies to improve efficiency of this system.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2004
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

幸田 栄一

エネルギー技術研究所システム熱工学領域

高橋 徹

エネルギー技術研究所システム熱工学領域

森田 寛

エネルギー技術研究所高温発電工学領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
溶融炭酸塩形燃料電池 Molten Carbonate Fuel Cell
ガスタービン Gas Turbine
ハイブリッドシステム Hybrid System
熱効率 Thermal Efficiency
二酸化炭素回収 Carbon Dioxide Recovery
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.