財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
M04015
タイトル
石炭火力発電所脱硫装置におけるセレンの化学形態
[Title]
A study of chemical form of selenium in wet desulfurization scrubber
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
石炭火力発電所の脱硫排水中のセレン(Se)は4価(Se())と6価(Se())の化学形態で存在している。Se()は排水処理で除去が可能であるが,Se()は従来の排水処理では除去が困難であるため,脱硫装置におけるSe()の低減が望まれている。そこで,本研究では実機脱硫装置から採取した冷却塔循環液(冷却液),吸収塔循環液(吸収液)におけるセレンの化学形態およびその形態変化に影響を与える物質について研究を行った。その結果,Se()は吸収液にてSe()への酸化がみられ,その形態変化に影響を与える要因の一つとしてペルオキソ2硫酸を推定した。
[Abstract]
Selenium such as Se() and Se() is included in a wet desulfurization scrubber (wet-FGD) unit. Since Se() is thought to be captured in a waste water treatment, it is essential to control Se() in order to decrease selenium emissions for coal-fired power plants.In this report, density of Se() and Se() in a pre-scrubber solution and a main-scrubber solution used in wet-FGD unit was studied.As a result, Se() was oxidized in the main-scrubber solution. And it was thought that density of Se() could be reduced by decrease of peroxodisulfuric acid (S2O82-) concentration.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2004
発行年月 [Issued Year / Month]
2005/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

神田 裕

エネルギー技術研究所燃料・燃焼工学領域

秋保 広幸

エネルギー技術研究所燃料・燃焼工学領域

白井 裕三

エネルギー技術研究所燃料・燃焼工学領域

伊藤 茂男

エネルギー技術研究所燃料・燃焼工学領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
微量物質 Trace element
石炭火力発電 Coal fired power generation
セレン Selenium
化学形態 Chemical form
脱硫装置 Desulfurization facility
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.