財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
M08022
タイトル
木質ペレット貯蔵時の自然発火性に関する調査 -自然発火メカニズムと実証試験法-
[Title]
Research for spontaneous ignition of woody pellet in storage -Mechanism of spontaneous ignition and demonstration method in large scale storage-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
木質ペレット大量貯蔵時の安全性に関する指標作成に資するため、文献・ヒアリング調査により木質ペレットの自然発火性に関するメカニズムを明らかにし、それに基づく実証試験方法を考案した。
(1)木質ペレットの水分濃度が高くなると、微生物による発酵熱が生じ、これが蓄熱されるとさらに自然酸化により発熱し、発火に至ることが調査により判明した。
(2)木質ペレット4種を用いた基礎実験により、木質ペレットが吸湿性を有し、水分活性値から判断すると15%以上の含有水分で発酵する可能性が示唆された。また、雰囲気温度が65℃程度になると自然酸化による発熱が生じることが確認された。
(3)発酵を起源として自然酸化を経た連続的な発熱過程の評価を行うため、木質ペレット層の水分と温度の条件設定ができ、実規模での評価機能を有した固体燃料自然発火性実証試験装置を考案した。
[Abstract]
To contribute making an index about the safety of woody pellet in large amount storage, the mechanism of spontaneous ignition of woody pellet was cleared by a survey from literatures and hearing results and the demonstration method was devised on the basis of its mechanism.
(1)When the moisture content in woody pellets is raised, the fermentation heat is generated. If this heat is stored in woody pellet storage layer, the additional heat is generated by natural oxidation. The ignition is occurred by continuation of oxidation heating.
(2)By the fundamental experiment with 4 kinds of woody pellets, it was cleared that woody pellet absorbed moisture. With the judgment from the water activity, the fermentation would be generated in the case that the moisture content of woody pellet would be over 15%. When the temperature of storage atmosphere was about 65 degrees, the generation of heat by natural oxidation was confirmed.
(3)To investigate the continuous heat generation from the fermentation stage which is the origin of heat generation to the natural oxidation stage, the demonstration test facility was devised. This facility can change conditions of moisture and temperature in storage layer and evaluate the spontaneous heating characteristics in actual scale storage.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

木本 政義

エネルギー技術研究所 プラント工学領域

芦澤 正美

エネルギー技術研究所 燃料改質工学領域

後藤 修

電源開発株式会社技術開発センター茅ヶ崎研究所

坪谷 久男

電源開発株式会社技術開発センター茅ヶ崎研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
木質ペレット woody pellet
自然発火 spontaneous ignition
貯蔵 storage
自然酸化 natural oxidation
発酵 fermentation
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.