財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
M11005
タイトル
産業用小容量温風生成CO2 ヒートポンプの開発
[Title]
Development of a Compact CO2 Heat Pump for Industrial Drying
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
洗浄後の部品乾燥などの産業プロセスでは、小容量電気ヒーターが数多く導入されており、運転時間が長いことからエネルギー消費が多い。省エネを実現するためには高性能温風生成ヒートポンプが有効であるが、適切な機器は存在しない。そこで、オムロン、デンソー、電中研は、空気を効率よく(COP3以上)高温度差(室温25℃から80℃)で加熱し、かつ、工場内廃熱を利用可能な、小容量(2~6kW)水熱源温風生成CO2ヒートポンプの開発を目指し、共同で、仕様検討、原理機による高温空気の生成実験、試作機の性能評価を行った。
開発課題である空気加熱熱交換器については、実用化を念頭に一般的なフィンアンドチューブ式を元に設計し、空気とCO2冷媒が対向流となる構造とした。その結果、エコキュート技術を利用することで、高効率で高温度差加熱が実現可能であることを明らかにした。さらに、試作機を製造し、性能評価を行った結果、空気加熱能力2.5kW、空気入口温度25℃、空気出口温度80℃、熱源水温度30℃の条件で、COP(成績係数:空気加熱能力/消費電力)3.5を得た。従来プロセスに対して、消費電力を1/3に削減できる。
[Abstract]
There are numerous examples of compact electric heaters used in drying processes in industrial establishments. These heaters consume considerable electricity due to the extended operating time, despite the small capacity of the individual heaters, hence the development of alternative highly efficient equipment is anticipated. In this study, we studied and developed a small capacity CO2 heat pump for drying industrial parts after washing with water. The specifications were: air outlet temperature of 85 (oC), heating capacity of about 3 (kW), heat source (water) temperature of 30 (oC) and COP above 3. Firstly, we calculated the theoretical COP and designed an air heating heat exchanger (i.e. gas cooler). However, we were unable to obtain an air outlet temperature of 80 (oC) due to the lack of high pressure CO2. Secondly, we built a "breadboard prototype" based on technology developed for "ECO CUTE". The evaluation test results showed that COP over 3 was achieved under the condition of an air heating capacity of 3 - 6 (kW), air inlet temperature of 25 (oC), air outlet temperature of 80 (oC) and heat source water temperature of 30 (oC). Thirdly, we developed a "prototype" and evaluated it in CRIEPI's environmental test facility. Consequently, the prototype operated well automatically and achieved a performance equivalent to the breadboard prototype. The heat pump may be able to reduce the power consumption to about one third of the conventional process.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

橋本 克巳

エネルギー技術研究所 ヒートポンプ・蓄熱領域

齋川 路之

エネルギー技術研究所 ヒートポンプ・蓄熱領域

三角修一

オムロン株式会社環境事業推進本部技術部開発課

平輝彦

株式会社デンソー空調冷熱技術2部

久米祥隆

株式会社デンソー空調冷熱技術2部

キーワード [Keywords]
和文 英文
産業部門 Industrial sector
乾燥 Drying
二酸化炭素 Carbon dioxide
ヒートポンプ Heat pump
省エネルギー Energy conservation
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.