財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
M11021
タイトル
低品位炭改質技術の国内外の開発動向調査
[Title]
Development Trend of Reforming Technologies of Low Rank Coal in Japan and Overseas
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
我が国の主要な石炭輸入先である豪州やインドネシアは、瀝青炭以外に低品位炭である褐炭の賦存量も多く、その褐炭を利用する上で、高水分低発熱量、乾燥時の自然発火抑制等の課題を解決する必要がある。そこで、これらの国の褐炭の性状や周辺状況と、高品位化技術の開発状況を調査した。
豪州の褐炭は、豪州南部に分布し、ビクトリア州はその可採埋蔵量の96%を占める。ビクトリア州の褐炭は高水分であるが、灰分、硫黄分は低い。インドネシア褐炭は、カリマンタン島とスマトラ島に分布しており、高水分炭である上、比較的高灰分のものも多い。
褐炭改質技術には実証試験から数百万t/年級の商用プラントへ展開しつつものもある。また、褐炭を用いたガス化や間接液化技術では、IGCC、FT合成やSNG製造等の実用プラントが計画され、または稼働しているが、直接液化の多くの技術は開発が終了し、実用化されずに現在に至っている。
[Abstract]
In Australia and Indonesia, which are major coal export countries to Japan, there are the large amount of low rank coal such as brown. To utilize brown coal, we need to solve the problems due to the high moisture, the low caloric value, and the spontaneous combustibility in drying. The characteristics of brown coal, the local circumstances, and the status of upgrading technology were investigated in this paper.
In Australia, brown coal is distributed in the southern part of Australia, and Victoria has 96% of the recoverable resources. Brown coal in Victoria has high moisture, low ash and low sulfur. In Indonesia, brown coal is distributed in Kalimantan Island and Sumatra Island, and the coal has high moisture and some of them have higher ash among brown coals.
As for the brown coal upgrading technology, some drying and upgrading demonstration plants are developing to commercial plants. Some gasification and liquefaction technologies are also developing, and practical plants for IGCC, FT synthesis, and SNG production with brown coal are planning and/or operating. But most of direct liquefaction technologies, which were developed, have not been put to practical use.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

山口 哲正

エネルギー技術研究所 燃料高度利用領域

梶谷 史朗

エネルギー技術研究所 高効率発電領域

松井 哲郎

エネルギー技術研究所 燃料高度利用領域

庄司 哲也

エネルギー技術研究所 燃料高度利用領域

市川 和芳

エネルギー技術研究所 燃料高度利用領域

梅本 賢

エネルギー技術研究所 高効率発電領域

原 三郎

エネルギー技術研究所 高効率発電領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
低品位炭 Low rank coal
品質 Reforming
脱水 Dewatering
ガス化 Gasification
液化 Liquefaction
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.