財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
M15003
タイトル
微量物質のXAFS分析法− BCLAを適用した混合物のXAFS分析−
[Title]
XAFS study of Trace Element-XAFS analysis by using of BCLA-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
微量物質の化学形態を同定できる数少ない分析技術として、放射光によるXAFS分析注 )は期待されている[1] ,[2]。これまでに当所では、照射するX線の安定化技術ならびに検出効率の高いX線検出器(19素子SSD)の導入に加えて、XAFSスペクトルの僅かな変化から微量な水銀やセレンの化学形態を推定できる手法を見いだした[3]。しかしながら、実際の石炭灰等の分析では混在元素からの蛍光X線や散乱X線等の影響により、対象元素のXAFSスペクトルを精度良く計測することが難しい場合があることが判った。近年、英国で開発された特定波長のX線を効率よく分光できる湾曲分光結晶(BCLA)注 をXAFS分析に適用できれば、混在元素からの影響を排除でき同定精度を大きく改善できる可能性がある。
本件では、XAFSによる微量物質の化学形態分析について19素子SSDにBCLAを組み合わせることにより、混在元素からの影響を排除し対象元素のXAFSスペクトルを精度良く測定する手法を開発した結果について報告する。
[Abstract]
Recently, in order to reduce the environmental impact of chemical substances, emission controls and regulations has been strengthened. Mercuric, arsenic and selenic compounds are likely to be trace elements for which emission controls will be required during the combustion of fossil fuels. X-ray absorption fine structure (XAFS) is one of the effective methods to determine the chemical form of trace element contaminations in coal and coal ash by using the multi-channels solid state X-ray detector (multi-channels SSD). However it was difficult to apply the XAFS measurement to trace amount of these elements in complex mixture with mercury, selenium, arsenic, zinc and lead compounds, under the effects of fluorescence X-ray signal from these elements and scattered X-ray and so on. In this study, we tried to apply one of the analyzing crystals, BCLA (Bent Crystal Laue Analyzer), to the XAFS analysis of trace amount of mercuric, arsenic and selenic elements. The combination of the BCLA and 19-channels SSD was effective for the analysis of trace amount of these elements in the mixture, and it was found that the good XAFS spectrum (with high Signal/Background ratio) without distortion could be obtained.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2015
発行年月 [Issued Year / Month]
2016/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

山本 融

エネルギー技術研究所 エネルギー変換領域

布川 信

エネルギー技術研究所 燃料高度利用領域

秋保 広幸

エネルギー技術研究所 燃料高度利用領域

野田 直希

エネルギー技術研究所 燃料高度利用領域

野口 真一

電力テクノシステムズ

キーワード [Keywords]
和文 英文
微量物質 trace element
XAFS XAFS
BCLA BCLA
SPring-8 SPring-8
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.