財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N02
タイトル
高レベル放射性廃棄物処分施設のニアフィールドの力学的な長期挙動評価技術
[Title]
Technique for mechanical evaluation of long-term behavior of the near-field of HLW disposal repository
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
HLW地下処分施設を地下岩盤中に安全に建設し、合理的な核種移行評価を行なうために必要な、処分施設のニアフィールドの力学的な長期挙動評価技術の開発に取り組んだ。処分施設は大深度、発熱、超長期など従来施設と大きく異なるので、特に重要となる、/蕊瑤涼楼蟻定法、軟岩の高温下の力学特性の解明、4望弸狠罎離ーバーパックの沈下挙動の予測手法、そしてい海譴蕕鮃洋犬任る長期の施設挙動解析技術、を開発した。,任和論册雋笋妨加な異方性も考慮できる方法を開発した。△任蝋皺慌爾龍度・変形特性とクリープ特性を解明した。では緩衝材の力学特性をその物理化学特性から決定する方法を構築し遠心載荷試験で検証した。い任蓮軟岩のクリープも含めた力学モデルおよび緩衝材の膨潤を表現できる力学モデルを組み込んだ熱水応力連成解析コードを開発した。
[Abstract]
The targets of this study are techniques of mechanical evaluation of long-term behaviour of the near-field of HLW disposal repository, which are essential for safe construction and exact evaluation of nuclide transport. Since the facility is in great depth and under high temperature by the heat from the HLW, and needs evaluation of its longtime behavior, it is quite different from the conventional underground facilities. Therefore, (1)deep rock stress measurement technique, (2)investigation of mechanical properties of soft rock under high temperature, (3)technique of prediction of longtime settlement of overpack in bentonite buffer and (4)numerical simulation code are studied and developed. (1)The rock stress measurement technique has been improved so that it can take into account the anisotropy of soft rock. (2)Strength, deformability and creep characteristics of soft rock under high temperature up to 80℃ have been clarified. (3)A method of determining the mechanical properties of bentonite from physicochemical properties has been established and verified through centrifugal settlement tests. (4)A thermo-hydro-mechanical coupling simulation code has been developed which includes the sophisticated creep model for soft rock and swelling model for bentonite.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

新 孝一

地球工学研究所バックエンド研究センター

岡田 哲実

地球工学研究所バックエンド研究センター

中村 邦彦

地球工学研究所バックエンド研究センター

澤田 昌孝

地球工学研究所地圏科学領域

田中 幸久

地球工学研究所バックエンド研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
堆積軟岩 sedimentary soft rock
熱・力学特性 thermo-mechanical property
初期地圧計測 rock stress measurement
遠心載荷試験 centrifuge test
熱−水−応力連成解析 thermo-hydro-mechanical coupling analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.