財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N04004
タイトル
微動アレイ探査法の傾斜基盤構造探査への応用 -−位相速度の多地点同時逆解析による傾斜基盤構造の推定法の提案−-
[Title]
Application of microtremor array technique for estimation of inclined basement structure- An estimation method of inclined basement structure using multi phase velocities inversion -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
微動アレイ探査法の傾斜基盤構造探査への応用を目的として,傾斜基盤構造の地盤を伝播する表面波の数値シミュレーションを複数の異なる傾斜構造モデル対して実施し,表面波位相速度の性質について検討した.なお,数値シミュレーションでは,当所で開発した擬似スペクトル法と差分法のハイブリッド手法を用い,計算効率を大幅に改善させた.数値シミュレーションの結果から,傾斜基盤構造を伝播する表面波位相速度は,水平成層構造と同様に,直下の地下構造を反映していることが分かった.また,従来の微動アレイ探査で行われる1観測点の位相速度の逆解析では傾斜基盤構造を十分に再現できないケースがあることが判明したため,傾斜基盤上における複数の観測点の位相速度を同時に逆解析することにより傾斜基盤構造を推定する方法を新たに提案し,その有効性を示した.
[Abstract]
In order to examine the possibility of two-dimensional inclined basement structure exploration by microtremor array technique, we studied surface wave propagation in various two-dimensional inclined basement models using numerical simulation. The two-dimensional numerical simulations of surface waves were conducted by pseudo-spectral method (PSM) / finite difference method (FDM) hybrid simulation to reduce calculation time. As a result from numerical simulation, we found that phase velocities observed in two-dimensional inclined basin models depended on one-dimensional underground structure at observation points. These features in two-dimensional inclined basin models were identical with lateral homogeneity model. Furthermore, in order to estimate two-dimensional inclined basement model from phase velocity inversion, we developed new inversion method based on multi phase velocities inversion. As a result, we demonstrated that inverted two-dimensional inclined basement models were in good agreement with target models relative to inverted models from single phase velocity invresion.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2004
発行年月 [Issued Year / Month]
2005/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

佐藤 浩章

地球工学研究所地震工学領域

東 貞成

文部科学省 当所より出向中

キーワード [Keywords]
和文 英文
表面波 surface wave
傾斜基盤構造 inclined basement structure
微動アレイ探査 microtremor array technique
逆解析 inversion
数値シミュレーション numerical simulation
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.