財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N04009
タイトル
2000年鳥取県西部地震の余震分布と地形・地質との関係 -内陸地震のアスペリティ予測に向けて-
[Title]
Aftershock Distribution, Topographic and Geological Features in the Source region of the 2000 Tottori-ken Seibu Earthquake- For Detecting Asperity of Inland Earthquakes -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では,2000年鳥取県西部地震を対象として,内陸地震のアスペリティ分布を予測する上で有効な情報を検討した.山陰地域の活断層は全般に未成熟と考えられているが,震源域周辺には活断層の可能性があるリニアメントが断続的に分布する.特に,南部の直線的な震央分布と平行にリニアメント群が卓越しており,その分布密度が高い領域とアスペリティの位置がよく一致する.また,このアスペリティが含まれる余震分布の直線区間は,単一の花崗岩体の内部に限定されている.その南端は,花崗岩体と三郡変成岩分布域との境界部に一致する.一方,直線区間の北側では,花崗岩体より火山岩類の分布域において,複数の地震クラスターに分散する.これは表層で見られる地質区分が,断層運動を反映している可能性を示唆する.内陸で発生する大地震については,地形・地質などの良質なデータが得られれば,アスペリティ分布を予測できる可能性がある.
[Abstract]
Detecting asperity distribution is important to the reduction of the future seismic hazard. This report shows the effective information for the detection through the investigations on the 2000 Tottori-ken Seibu earthquake. As a result of the study on the interrelations among the aftershock distribution, topographic and geological features, and the slip distribution, the following conclusions were obtained. (1) The epicenters distribute straightly in NNW-SSE direction in the southern part, which correspond to the main fault. On the other hand, the strike of the main fault changes clockwise in the central part. The prominent segment diverges westward from the main fault on the boundary. (2) Although the active faults are generally undeveloped in San’in district, the lineaments can be found intermittently in the source region. The distribution of lineaments has a good spatial correlation with the distribution of fine fault structures that are recognized in the aftershock. The asperity locates just under the place where the dense lineaments run on a parallel with the main fault. (3) The geological distribution wields a very large influence over the fault structure. Especially, the main part of the fault including the asperity is restricted within the individual granite pluton. (4) In general, dense and parallel lineaments are considered to show the positions of asperity in the region where no significant active fault exist. Furthermore, the difference in the surface geology strongly reflects the fault movement. These topographic and geological features may be effective for detecting asperity.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2004
発行年月 [Issued Year / Month]
2004/11
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

青柳 恭平

地球工学研究所地圏科学領域

阿部 信太郎

地球工学研究所地圏科学領域

宮腰 勝義

地球工学研究所地圏科学領域

井上 大栄

地球工学研究所地圏科学領域

津村 紀子

千葉大学 理学部地球科学科

キーワード [Keywords]
和文 英文
鳥取県西部地震 Tottori-ken Seibu Earthquake
余震分布 Aftershock Distribution
リニアメント Lineament
花崗岩体 Granite pluton
アスペリティ Asperity
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.