財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N04013
タイトル
セメント硬化体の熱影響に関する検討 -- 温度65℃におけるセメント系材料の変質状況について --
[Title]
Study on cement materials effected by heat with cement specimens.
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
低レベル放射性廃棄物の余裕深度処分(第3期埋設処分)では、Co-60の崩壊熱等により廃棄体が発熱する。 しかし、セメント系材料に熱が作用した場合の変質状況は、未だ明らかにされていない。これらのことから、セメント系材料の熱による影響程度を把握し、核種移行抑止機能に与える影響を適切に評価した上で、処分施設の合理的設計・評価に寄与することが必要となる。 本研究では、温度65℃の環境下に8週間放置したセメント硬化体を用いて各種分析により、その変質状況をとりまとめたものである。
[Abstract]
In the disposal of low level radioactive waste(掘, an abandonment object generates heat with the collapse heat of Co-60 etc. However, we are anxious about cement system material deteriorating and those functions falling under the exothermic influence of an abandonment object. However, the deterioration situation when heat acts on cement system material is not yet clarified. It is necessary to contribute to a rational design and evaluation of a disposal institution, after evaluating appropriately the influence which grasps the influence grade by the heat of cement system material, and it has on a nuclide shift deterrence function from these things. In this research, the deterioration situation is adjusted by various analysis using the cement hardening object left for eight weeks under environment with a temperature of 65 degrees C.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2004
発行年月 [Issued Year / Month]
2004/11
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

廣永 道彦

地球工学研究所バックエンド研究センター

蔵重 勲

地球工学研究所バックエンド研究センター

井元 晴丈

地球工学研究所バックエンド研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
セメント cement
heat
水和物 hydrate
変質 deterioration
細孔径 distribution
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.