財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N05029
タイトル
高レベル放射性廃棄物処分孔でのオーバーパックの沈下挙動 -―ベントナイト種類の影響と沈下予測手法の高度化―-
[Title]
Settlement behavior of the container for high-level nuclear waste disposal -Effect of bentonite kinds and upgrading of evaluation method for settlement behavior-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
高レベル放射性廃棄物処分でのオーバーパックの沈下に関して,ベントナイト種類と密度を変化させた遠心載荷模型実験を実施した.また,既提案の一次元沈下量予測手法を,軸対称二次元場に拡張するとともに海水濃度なども考慮可能とし,解析を実施した.1.実験的検討(1)沈下量の変化は,膨潤圧が低下するに従い,指数関数的に大きくなることが分かった.(2)ベントナイトの種類と密度によらず,膨潤圧が同程度であれば,沈下量は同程度であった.2.解析的検討(1)既提案の一次元解析手法による解析結果との比較により,軸対称二次元解析の方が,実験結果を高精度に評価することが示された.(2)海水条件下を想定した軸対称二次元解析結果から,海水濃度が高くなるに従い,沈下量が増大する傾向が示された.また,膨潤圧が同程度であれば,沈下量は海水濃度によらずほぼ同程度であることが示された.
[Abstract]
The settlement behavior of container at high-level nuclear waste disposal was investigated using centrifuge. In the experiments, the change of the amount of settlement was exponentially increased with decrease of swelling pressure of bentontie. Furthermore, each the amount of settlement showed almost same value without dependency of bentonite samples and dry density if swelling pressure of bentonites was same. The results from centrifuge model tests was analyzed by 2D axisymmetrical FEM. 2D axisymmetrical FEM that can consider the effect of saline concentration was expanded from previous 1D FEM. The good correlation between experimental results and numerical analysis was obtain from2D axisymmetrical FEM that is better than 1D FEM. The increase of amount of settlement saline concentration was showed using2D axisymmetrical FEM that consider the seawater conditions. Furthermore, each calculated the amount of settlement was showed almost same value without dependency of saline concentration if swelling pressure of bentonites was same.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

中村 邦彦

地球工学研究所バックエンド研究センター

田中 幸久

地球工学研究所バックエンド研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
ベントナイト bentonite
オーバーパック container
沈下 settlement
遠心載荷模型実験 centrifuge model test
膨潤評価式 swelling evaluation formula
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.