財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N05033
タイトル
広域風の影響下での都市熱環境予測手法の開発
[Title]
Development of prediction method for urban heat environment influenced by large-scale wind
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
当所ではこれまでに、晴天弱風の気象条件下で都市熱環境緩和策による気温低減効果を予測できる三次元数値シミュレーションモデルの開発、適用を行ってきた。これまでの検討を通じて、都市の熱環境に対して風の役割が重要であることが示された。そこで、様々な広域風系場を対象とできるよう数値モデルの改良を行った。改良したモデルを東京23区に適用し、いくつかの広域風日を対象とした計算結果と気象観測データとを比較した。その結果、風速や気温の特徴がモデルによって正しく再現されることが確認された。さらに、都市の熱環境に及ぼす広域風の基本的な影響特性を把握するため、広域風の条件のみを変えた様々な計算結果の相互比較を試みた。その結果、広域風が海風となる場合に日中の気温が低下することや、風速が大きいほど人工排熱の気温影響が小さくなることなどが明らかとなった。
[Abstract]
In our previous studies, a three-dimensional numerical model is developed and carried out in order to estimate the effect of urban heat island mitigation measures on decrease in air temperature under a calm and fine weather condition. Through our studies, it is indicated that the effect of wind is very important for urban heat environment. In this study, for that reason, the numerical model is improved in order to enable us to take into consideration the large-scale wind effect. The improved numerical model is applied to some large-scale wind days of Tokyo. The numerical results are compared with field observation data. As a result, we confirmed that numerical results related to air temperature and wind velocity are in good agreement with the observation data. Various numerical cases are carried out with different condition of large-scale wind in order to investigate the essential effect of the wind on the urban heat environment. As a result, it is found that the air temperature in Tokyo decreases in daytime if the wind of a large region enhances sea breeze, and the effect of the anthropogenic heat on air temperature decreases as wind velocity increases.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田村 英寿

地球工学研究所 流体科学領域

平口 博丸

地球工学研究所 流体科学領域

岩坪 哲四郎

エネルギー技術研究所 燃料改質工学領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
ヒートアイランド heat island
地衡風 geostrophic wind
気温 air temperature
人工排熱 anthropogenic heat
数値シミュレーション numerical simulation
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.