財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N05046
タイトル
低アルカリ性セメントの水和制御に着目した材料設計に関する調査
[Title]
Review for the improvement of Low Alkaline Cement from viewpoint of hydration controll
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
放射性廃棄物処分施設では,セメント系材料から溶出する高アルカリ性間隙水が周辺岩盤や緩衝材などのバリア機能に影響を及ぼす可能性がある。その対策として当所で開発したサルホアルミネート系低アルカリ性セメント「LAC」は,コンクリートの施工性およびひび割れ抑制の観点から,水和速度を制御することが必要である。そのためLACの水和反応制御の観点から,サルフォアルミネート系セメントの水和特性・硬化体特性について調査を行い,材料設計を行う上での方策を整理した。サルフォアルミネートの水和反応は,水酸化カルシウム量を低減させセッコウ量を増大させることで抑制され,また凝結遅延剤の使用は水和反応を抑制するのにより効果的であることが考えられた。混和材の添加については、初期水和への影響についての報告はないが、ビーライト量と高スラグ量を適切に調整することにより良好な強度発現性が得られる,すなわち長期的な水和制御の可能性があることが考えられる。
[Abstract]
It is concerns that high pH pore water from cementitious materials will become harmful to barrier system such as bedrock and buffer materials in the radioactive repository. Then sulpho-aluminate type low alkaline cement 'LAC' was developed. But LAC concrete has some problems on its workability and initial crack due to high reactability. It is necessary for LAC to be improved to avoid these problems. In this study, the conventional knowledge on reactability and hardened properties of sulpho-aluminate cement were reviewed from the viewpoint of hydration controlling. From the results, the recipe for the improvement of 'LAC' was investigated. Early hydration of sulpho-aluminate were deleyed by the decreasement of calcium hydroxide quantity and increasement of calcium sulphate in cement. Retarder deleyd hydration of sulpho-aluminate more than composition of cement. The effect of cement admixture on the early hydration of sulpho-aluminate cement were not reported. Blast furnace slag as cement admixture affect on the long-term hydraition and strength development. So, It was guess that sulpho-aluminate type low alkaline cement 'LAC' have good strength development by controlling recipi of additional ratio of blast furnace slag and be-lite content in the sulpho-aluminate cement.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/09
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

井元 晴丈

地球工学研究所バックエンド研究センター

山本 武志

地球工学研究所バックエンド研究センター

廣永 道彦

地球工学研究所バックエンド研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
放射性廃棄物処分 Radioactive waste disposal
低アルカリ性セメント Low-alkaline cement
サルフォアルミネート Sulfo-aluminate
LAC LAC
水和制御 Hydration control
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.