財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N05051
タイトル
確率論的地震ハザード解析システムの開発 -地震ハザード再分解機能の実装-
[Title]
Development of Probabilistic Seismic Hazard Analysis System
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
重要構造物の地震PSAに加えて,一般構造物の設計,維持・管理においても,対象構造物の地震リスクを定量的に評価することが必要となってきている。このため,地震・地震動発生の不確定性を考慮できる確率論的地震ハザード評価の機会が増えると予想される。報告者は,地震ハザード評価に関する最近の研究成果を反映した,確率論的地震ハザード解析プログラムを開発した。地震発生源モデルについては,最新の知見を反映したモデルを作成した。地震動距離減衰式については,日本・海外で開発された主要な式を実装している。この解析プログラムを用いることでほぼ日本全国に対して,地震ハザード曲線,一様ハザードスペクトルを評価することが可能である。また,対象地点の地震ハザードを再分解することにより,詳細な地震ハザード評価も可能である。さらに,開発した地震ハザード解析プログラムによる解析結果を図化処理するプログラムを作成した。
[Abstract]
Recently, it is getting necessary and important to evaluate seismic risk of target structures or facilities quantitatively in seismic design or in maintenance as same as in performing seismic PSA for important facilities. Various uncertainties have to be considered in evaluating structural risks for earthquakes. Especially, the evaluation of earthquake motions involves large amount of uncertainties and probabilistic seismic hazard analysis (PSHA) has been used to obtain information on earthquake motions and its occurrence. The author developed a computer program to conduct probabilistic seismic hazard analysis (PSHA). In the PSHA program, latest earthquake occurrence models regarding area-sources, inter-/intra-earthquakes, inland active faults for whole Japan is considered on the basis of the research results by The Headquarters for Earthquake Research Promotion, Japan. Moreover, I implemented major attenuation equations of earthquake ground motions which have been developed in Japan and in U.S, including latest attenuation which has been just developed in CRIEPI. This PSHA program can provide the following results of seismic hazard evaluation: - conventional seismic hazard curves which show the relationship between the intensity of earthquake motions (i.e., PGA, PGV, spectral response and its exceedance probability), - uniform hazard spectra in a case where response spectra is chosen as an index of earthquake ground motions, - specifying dominant seismic sources corresponding to the target hazard level and evaluating the degree to the seismic hazard of each source, quantitatively. Furthermore, post-processing program which can visualize the PSHA results obtained was developed. The illustration examples show that the post-processing program can help us understand the results of seismic hazard evaluations, more easily and exactly.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

中島 正人

地球工学研究所地震工学領域

平田 和太

地球工学研究所地震工学領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
地震ハザード Seismic Hazard
一様ハザードスペクトル Uniform hazard spectra
再分解 Deaggregation
フラクタイルハザード Fractile hazard
地震PSA Seismic PSA
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.