財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N05068
タイトル
地下水年代測定評価技術の開発(その4) -36Clと4Heによる地下水年代測定法のオーストラリア大鑽井盆地における検証-
[Title]
Research and development on groundwater dating-A verification of groundwater dating method in Great Artesian Basin, Australia-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
地下水年代評価法は、遅い流速を評価する有望な方法の一つである。しかしながら、14Cよりも長い年代の評価は研究段階である。長い年代を評価できる36Clと4Heによる地下水年代測定の妥当性を確認するために、地下水流動系が単純で百万年以上の滞留時間が期待できるオーストラリア大鑽井盆地において調査を実施した。調査結果から、36Clの濃度は、涵養域から距離と非常に強い相関があることがわかった。この関係から、地下水流速は0.1m~1m/y程度と推定された。4Heの濃度は涵養域からの距離に伴って増加傾向にあるが、採水時の減圧の影響で観測結果にバラツキが大きかった。しかしながら、36Clと4Heとの相関関係から、4Heも地下水年代を表していることがわかった。また、4Heの蓄積速度を36Clの壊変速度から推定できれば、4Heの濃度を定量的な年代測定法として適用できることがわかった。
[Abstract]
A groundwater dating is one of the most promising methods to evaluate slow groundwater flow. However, the dating method applicable to longer than that using 14C is still on the stage of research and development. A groundwater sampling was conducted in the Great Artesian Basin, Australia for validation of the dating method using 36Cl and 4He. The Great Artesia Basin has a vast confining layer, simple geological formations, and a very long residence time over millions years.The sampling results show that 36Cl decrease toward to the discharge area, and there is a close relationship between the distance from the recharge area and 36Cl content. Based on this relationship, the velocity of groundwater flow is estimated to be within a range of 0.1-1 m/y. 4He increases with the distance from recharge area. There is a correlation between 4He and 36Cl ages. From this correlation, accumulation rate of 4He can be determined, and 4He could be used as quantitative dating method. These results indicate that 36Cl and 4He are verified as dating method for long residence time about one million year in Great Artesian Basin.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

長谷川 琢磨

地球工学研究所バックエンド研究センター

馬原 保典

京都大学 原子炉実験所

中田 弘太郎

地球工学研究所バックエンド研究センター

秦野 輝儀

地球工学研究所バックエンド研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
地下水年代測定 groundwater dating
溶存ヘリウム dissolved helium
塩素-36 chrorine-36
大鑽井盆地 Great Artesian Basin
炭素-14 carbon-14
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.