財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N10023
タイトル
災害時被害把握のためのリモートセンシング技術の現状と課題−配電設備の災害復旧支援への応用可能性−
[Title]
Survey of remote sensing technologies for disaster damage detection-Applicability to disaster recovery support of electric power distribution equipment -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報は,災害時に被害把握・推定を目的とするリモートセンシングの災害復旧への応用可能性について考察することを目的とする。これまでリモートセンシング技術が電力などの災害復旧に実践的に活用された事例はほとんどない。しかしながら,本報では,光学衛星,合成開口レーダ衛星:SAR,および航空機レーザが,配電設備の応急復旧期に有効に活用できる可能性があることを明らかにする。また,リモートセンシング画像から被害を抽出するための既往技術を調査し,現状レベルとその問題点を明らかにする。
最終的に,配電設備の応急復旧期に寄与する目標画像取得時間内に画像取得可能性のある上記リモートセンシングを,被害抽出精度と目標取得時間内の取得可能性という観点から比較する。その結果,被害抽出精度という観点からは航空機レーザ(3次元計測),取得可能性という観点からは,SAR衛星が有効であることを明らかにする。
[Abstract]
This report presents a survey result associated with an applicability of remote sensing technologies to support disaster restoration activities of electric power distribution equipment. There is little case where remote sensing technologies are applied in the actual disaster restoration activities of lifelines so far. In this report, it is clarified that the optical satellite, the Synthetic Aperture Radar (SAR) satellite and the airborne laser scanner have high potentials to effectively support the emergency restoration activities of the electric power distribution equipment. Current technical subjects are also investigated in order to effectively detect or estimate damaged structures from the above remote sensing images. In some actual situations, the above-mentioned remote sensing technologies are compared from both viewpoints associated with the damage detection accuracy and the required time for the image acquisition just after the occurrence of earthquake. As a result, it is understood that the image by the airborne laser scanner with three dimension measurement can expect the damage detection with the best accuracy. On the other hand, it is also clarified that the SAR satellite is the most reliable remote sensing technology in order to acquire its image within 48hours.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2010
発行年月 [Issued Year / Month]
2011/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

朱牟田 善治

地球工学研究所 地震工学領域

砂川 真吾

地球工学研究所 地震工学領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
リモートセンシング Remote sensing
配電設備 Electric power distribution equipment
合成開口レーダ Synthetic Aperture Rader
レーザ測量 Laser measurement
災害復旧支援 Disaster restoration support
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.