財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N11001
タイトル
環状流路の誘導型電磁ポンプの流量測定方法
[Title]
Sodium flow rate measurement method of annular linear induction pump
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告では、並列配置の環状流路の誘導型電磁ポンプのナトリウム流量の測定方法を考案し、その方法の妥当性を実験と解析結果で検討した。本方法では、ポンプの出口側端部で磁場測定用コイルを用いて漏れ磁場を測定し、この漏れ磁場とナトリウム流量の相関を利用する。実験と解析の結果から、ポンプ端部での漏れ磁場は流量が変化してもほぼ一定であり、流量の変化に対する漏れ磁場の変化は漏れ磁場全体の大きさに比べて小さいことがわかった。この漏れ磁場の特徴に起因して漏れ磁場とナトリウム流量の相関がほぼ線形になることが示されるとともに、本方法の小容量電磁ポンプへの適用性が示された。
[Abstract]
This report describes a method for measuring sodium flow rate of annular linear induction pumps arranged in parallel and its verification result obtained through an experiment and a numerical analysis. In the method, the leaked magnetic field is measured with measuring coils at the stator end on the outlet side and is correlated with the sodium flow rate. The experimental data and the numerical result indicate that the leaked magnetic field at the stator edge keeps almost constant when the sodium flow rate changes and that the leaked magnetic field change arising from the flow rate change is small compared with the overall leaked magnetic field. It is shown that the correlation between the leaked magnetic field and the sodium flow rate is almost linear due to this feature of the leaked magnetic field, which indicates the applicability of the method to small-scale annular linear induction pumps.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2011/09
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

荒関 英夫

地球工学研究所 流体科学領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
高速炉 fast reactor
電磁ポンプ electromagnetic pump
流量測定 flow rate measurement
実験 experiment
数値解析 numerical analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.