財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N11002
タイトル
沿岸域堆積軟岩地点での物理探査データの複合解析(その1)−二粒子モデルを用いた弾性波速度と比抵抗の組み合わせ解釈−
[Title]
Combined analysis of geophysical exploration data at soft sedimentary rock site near coastal area (Part 1), - Combined interpretation of seismic velocity and electrical resistivity using a bimodal grain mixture model -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
地上物理探査法の利点は広範囲を連続的に低コストで調査できることであるが,求められる物性値は主として弾性波速度と比抵抗(電気伝導度)である。そこで、これらの物性値から工学的に必要とされる地質環境特性を定量的に解釈する技術が重要となる。横須賀および幌延地区の堆積軟岩地点で行われた物理検層データに対し、岩石二粒子モデルによる弾性波速度と電気伝導度を組み合せた定量的な解釈を行った。その結果、両地点とも、間隙率と圧縮弾性率の関係における支配要因は、粘土含有率および深度によるものと推定された。また、電気伝導度と間隙率の関係は、両地点とも間隙水の電気伝導度に強く影響されると推定された。さらに、複数の検層データより算出した間隙率・粘土含有率・地下水塩分はコア試料で計測された値とほぼ整合しており、地表物理探査よりこれらの地盤物性値の空間分布を算出できる見通しが得られた。
[Abstract]
One of the benefits of geophysical exploration is that extensive and continuous surveys are possible at low cost, however, the obtained physical properties are chiefly velocity of elastic wave and electrical resistivity. Therefore, it is very important that the techniques can convert geophysical data into quantitative information on the geological environment required for engineering technology. In this study, we have applied an approach that provides estimates of porosity, clay content, and equivalent NaCl concentration based on a combined interpretation of geophysical survey data utilizing an expanded bimodal mixture model. The study used seismic velocity and electrical conductivity data obtained from geophysical logging at two soft sedimentary rock sites, in the muddy or tuffaceous sandstone and mudstone at Yokosuka, and in diatomaceous mudstone and fine sandstone at Horonobe, Japan. The geological information for these sites was successfully estimated.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2011/11
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

鈴木 浩一

地球工学研究所 地圏科学領域

窪田 健二

地球工学研究所 地圏科学領域

近藤 浩文

地球工学研究所 バックエンド研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
堆積軟岩 Soft sedimentary rock
弾性波速度 Seismic velocity
比抵抗 Electrical resistivity
電気伝導度 Electrical conductivity
二粒子岩石モデル Bimodal grain mixture model
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.