財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N11004
タイトル
渦電流を用いた亜鉛被覆鋼撚り線の腐食劣化診断技術(その2)−腐食量と破断強度評価手法の提案−
[Title]
Diagnosis Method of Corroded Messenger Wires of Twisted Zinc-coated Steel by Eddy Current (part2) - Estimation method of Corrosion Quantity and Tensile Strength -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
通信ケーブル用吊線として用いられている種々の亜鉛被覆鋼撚り線を用いて, 自然暴露腐食試験を行った. 腐食した試験片と試作した渦電流測定計器を用いて, 非接触で亜鉛と鋼の残存断面積を測定し, 架線の腐食劣化を非破壊で調べる方法について検討した.その結果, 自然暴露環境の相違は渦電流信号に影響を及ぼさなかった. 渦電流法は塩分飛来環境, 硫黄成分含有環境等のいずれの環境に対しても有効であることが確認できた. また, 渦電流信号から亜鉛と鋼の残存断面積を求めるための全線種(14SQ〜55SQ)を代表できる近似式を得た. さらに, 腐食した吊線を用いて引張試験を行なった. 腐食した撚り線は, 1本の素線が最初に破断した後に, 荷重-変位曲線は階段状となるとともに, 最大荷重は腐食のない新品材に比べて小さくなる. 渦電流で測定した鋼の平均残存断面積から腐食した撚り線の最大破断荷重を算定できる評価式を得た.
[Abstract]
The exposure tests were conducted for the messenger wires of twisted zinc-coated steel for the communication. The residual section area of zinc and steel was measured by using trial manufactured Eddy current testing (ECT) meter and several corroded wire test pieces. ECT signal was not affected by the different atmosphere of exposure tests. ECT method was available not only to the chloride atmosphere also to the sulfuric atmosphere. Thus a formula for estimating the residual section area of zinc and steel from ECT signal, which was applicable to the different types of wires (14SQ-55SQ), was obtained. Tensile tests were also conducted by using corroded wires. Corroded wires show the stepping load-displacement curves after the first broken of composed one wire, and the maximum tensile load become lower than that of the initial wire without corrosion. As a result, a formula for evaluating the maximum tensile strength of the corroded wires was obtained by using the residual section area of steel estimated by ECT.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2011/11
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

小崎 明郎

地球工学研究所 構造工学領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
渦電流 Eddy current
腐食 Corrosion
吊線 Messenger Wire
引張試験 Tensile test
暴露試験 Natural exposure test
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.