財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N11011
タイトル
時間変化する気象条件下での大気中と降水中の海塩濃度予測手法の開発
[Title]
Development of prediction method of sea salt concentration in the atmosphere and precipitation under time-variable meteorological condition
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
降水中の海塩濃度を予測する数値モデルRe-SPRAYを開発した.この数値モデルでは,海塩の生成過程・輸送過程・乾性沈着過程・湿性沈着過程を考慮している.2010年冬季に日本海で見られた降雪事例に対して数値モデルを適用することにより,海塩輸送過程を調べた.計算された気中・降水中海塩濃度は,観測データと概ね一致した.浅井(1988)によって定義されている,朝鮮半島の付け根から能登半島にかけて伸びる日本海寒帯気団収束帯が日本海上に見られ,日本海寒帯気団収束帯に沿って降雪を伴う渦状擾乱が発生していたことがわかった.渦状擾乱の南側において,大量の海塩粒子が海洋から大気へ供給され,渦状擾乱周辺において気中・降水中海塩濃度が高くなったと考えられる.この海塩を大量に含んだ雪は新潟で降り,結果的に,高い海塩濃度を含んだ降雪が新潟で計測された.
[Abstract]
The numerical model for predicting seasalt concentration in the precipitations, Re-SPRAY ver.2, is developed. In the model, effects of the emission, transport,e dry-deposition, and wet-deposition processes are incorporated. Seasalt transport processes are investigated for a heavy snowfall event over the Sea of Japan in the winter of 2010 with the model. The results showed that predicted seasalt concentrations in the air and the precipitations roughly agreed with the measured ones. The Japan sea Polar air mass Convergence Zone (JPCZ), which was defined by Asai (1988), stretching from the north of the Korean Peninsula to the Noto Peninsula was observed over the Sea of Japan, and along the JPCZ some vortex disturbances with heavy snowfalls were generated. South of a vortex disturbance, much of seasalt aerosols were provided from the ocean into the atmosphere and the seasalt in the air and the snow highly concentrated near the vortex disturbances. This seasalt-riched snow fell onto Niigata, and as a result, high seasalt concentration in the snow would be measured in Niigata.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/01
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

木原 直人

地球工学研究所 流体科学領域

野村 光春

地球工学研究所 流体科学領域

高橋 章

環境科学研究所

大原 信

環境科学研究所 大気・海洋環境領域

平口 博丸

地球工学研究所 流体科学領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
海塩 Sea-salt
気象解析 Meteorological simulations
流通設備 Electricity supply facilities
急速汚損 Rapid pollution
腐食 Corrosion
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.