財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N11033
タイトル
堆積軟岩における原位置加熱実験(その4)− 不飽和条件を想定した岩盤の挙動把握と数値解析およびひずみ計測手法の適用性評価 −
[Title]
In-situ heating test in sedimentary soft rock (Part4) - Behavior measurement and numerical analysis of rock mass under unsaturated condition and evaluation of strain measuring method -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では,温度が変化する環境下での岩盤の温度・ひずみ計測手法の確立を目指して,堆積軟岩に構築した地下空間実験場において,不飽和条件において最高100℃を負荷する原位置加熱実験を実施した。岩盤内部の温度とひずみの計測には当所で開発した埋設型のひずみ計測手法(コアセンサー)を用いた。その結果,不飽和条件における温度とひずみの計測結果は飽和条件における結果と比較して,大きな違いは見られなかった。また,数値解析によっても水位低下に伴う不飽和域の形成が極めて限定的であり,このため両者の差が現れなかったことが確認された。回収したコアセンサーの加熱試験および載荷試験の結果から,熱膨張に伴うひずみは良好に計測可能であるが,応力変化に伴うひずみは過小評価される可能性があることがわかった。この原因として,コアセンサーを作製する際のグラウトの充填が不完全である可能性が課題として明らかになった。
[Abstract]
In this study,in-situ heating test was conducted under unsaturated condition in an underground cavern for the purpose of the improvement of strain measurement in in-situ rock under the changing temperature condition and the understanding of the behavior in in-situ rock under high temperature. The maximum temperature of the bedrock surface around the heater hole is about 100 degrees Celsius. The temperatures and strains in the bedrock were measured by the measuring method (core-sensor) we had developed in previous phases. The measured temperatures and strains under unsaturated condition roughly agreed with those under saturated condition. The calculated unsaturated zone due to the drawdown in the heater hole had a very limited effect and therefore the difference between the two conditions might be small.After the in-situ heating test, the heating test and the loading test of the core-sensor retrieved from the in-situ rock were performed in the laboratory. As a result, stains due to the thermal expansion were successfully measured but strains due to the stress change might be underestimated. A cause of the problem was considered infilling of grout in the core-sensor might be imperfect.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

岡田 哲実

地球工学研究所 バックエンド研究センター

澤田 昌孝

地球工学研究所 地圏科学領域

窪田 健二

地球工学研究所 地圏科学領域

高倉 望

東急建設

池野谷 尚史

東急建設

谷 和夫

横浜国立大学

キーワード [Keywords]
和文 英文
堆積軟岩 Sedimentary soft rock
ひずみ計測 Strain measurement
温度計測 Temperature measurement
高レベル放射性廃棄物処分 High-level radioactive waste disposal
原位置試験 in-situ test
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.