財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N11036
タイトル
堆積軟岩における原位置加熱実験(その5)−比抵抗トモグラフィ法を用いた高温・不飽和帯進展状況のモニタリング−
[Title]
In-situ heating test in the sedimentary soft rock (Part5) - Monitoring of the extent of high temperature and unsaturated zone by resistivity tomography -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
廃棄体の発熱による高温状態が、地下水や岩盤の挙動に影響を与えることが予想されている。また、周辺岩盤が不飽和になる可能性があり、その場合の影響についても評価する必要がある。そこで、高温でかつ不飽和となる領域を同時に形成させる原位置加熱実験を堆積軟岩サイトにおいて実施し、加熱に伴う高温域の進展状況及び不飽和帯の形成を把握する目的で、比抵抗トモグラフィの繰り返し測定を実施した。その結果、温度上昇に伴い比抵抗が低下する領域が捉えられた。比抵抗トモグラフィにより得られた比抵抗変化率(測定値)と、熱電対により計測した温度から算出した比抵抗変化率(換算値)とを比較した結果、ヒーター孔の周辺においては測定値と換算値とがほぼ一致し、比抵抗により温度の進展を評価できることを確認した。一方、ヒーター孔のごく近傍においては、換算値のほうが15%程度大きな比抵抗低下を示し、温度変化に伴う比抵抗の低下と不飽和帯の形成に伴う比抵抗の増大の両方を捉えたと推定された。
[Abstract]
One of the major issues in disposal of nuclear waste is that the long term behaviors of sedimentary soft rocks can be affected by various environmental factors such as temperature or hydraulic conditions. Therefore, it is necessary to develop a method for evaluating the long term stability of caverns in sedimentary soft rocks as subjected to changes of environment.
We have conducted in-situ heating test to evaluate the influence on high temperature and unsaturated zone to the surrounding rock mass at a depth of 50m. Repeated measurements of resistivity tomography are thought to be useful to map extent of the high temperature and unsaturated zone. So we have conducted resistivity tomography during the heating test.
The results demonstrated that the resistivity of the rock mass around a heating well decreased and this affected area was found to gradually expand from the heated area during the heating. This suggests that high temperature zone is detected by resistivity tomography. On the other hand, the measured resistivity change was smaller at the wall of the heating well than that calculated by temperature change and laboratory experiment. This indicates that there is a possibility that resistivity was increased by unsaturation of rock mass.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

窪田 健二

地球工学研究所 地圏科学領域

鈴木 浩一

地球工学研究所 地圏科学領域

池野谷 尚史

東急建設

高倉 望

東急建設

谷 和夫

横浜国立大学

キーワード [Keywords]
和文 英文
比抵抗トモグラフィ Resistivity tomography
繰り返し探査 Time-lapse measurement
堆積軟岩 Sedimentary soft rock
不飽和帯 Unsaturated zone
原位置加熱実験 In-situ heating test
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.