財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N11057
タイトル
コンクリートキャスク方式による使用済燃料貯蔵の実用化研究−304Lステンレス鋼キャニスタ蓋溶接部における画像化による超音波探傷試験の適用性評価−
[Title]
Study on Spent Fuel Storage by Concrete Cask for Practical Use - Applicability Evaluation of Ultrasonic Test with Imaging Analysis for Type304L Stainless Steel Canister Lid Weldment-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
オーステナイト系ステンレス鋼キャニスタの実用化においては、キャニスタ密封機能に係わる蓋溶接部の超音波探傷試験(UT)の実用化が技術的な課題として残されている。このため、溶接欠陥を挿入した実径大のSUS304L製キャニスタ蓋モデルを製作し、フェーズドアレイ法等を適用したUTによる画像診断による検査手法を適用し、その有効性を確認した。また、断面マクロ撮影による溶接欠陥との比較によりUTの精度検証を行い、妥当な検出能力を有していることを明らかにした。
これらを通して、蓋溶接部UTの成立性に見通しを得た。加えて、今後の実機適用に向けて、高温環境場や溶接余盛対策、UTに適した溶接形状などに関する課題を摘出した。
[Abstract]
For the practical use of the multi-purpose canister made of austenite stainless steel, remaining issue is its demonstration of the ultrasonic test (UT) inspection methodology for the lid weldment to verify the confinement ability of the canister. In this study, the full-scale canister lid model made of type 304L stainless steel with artificial defect by electro-discharge machining weld defects was fabricated. Image reading technique using ultrasonic images collected by phase array ultrasonic examination equipment was applied at room temperature and the collected images were compared with macroscopic test results. As a result, the accuracy of the UT with imaging analysis was verified and the detectable flaw size-limit was proposed. Finally, as the applicability of the proposed method to faulty weld defects was also demonstrated, the feasibility of the UT inspection method application to the canister lid weldment was confirmed. Moreover, the problems to be solved, such as the reliability under the high temperature condition and the countermeasures for the excess surface lid weldment, were discussed.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

後藤 将徳

地球工学研究所 バックエンド研究センター

東海林 一

材料科学研究所 PDセンター

白井 孝治

地球工学研究所 バックエンド研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
使用済燃料貯蔵 Spent Fuel Storage
コンクリートキャスク Concrete Cask
キャニスタ Canister
超音波探傷 Ultrasonic Test
フェーズドアレイ画像解析 Phased Array Image Analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.