財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N11060
タイトル
火災モデルFDSによる大規模区画内火災解析(その1)-区画内空気温度評価への適用性検討-
[Title]
Fire simulation in large compartments with a fire model "FDS" (part 1) -Survey of applicability for analyzing air-temperature profile in compartments-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
代表的な火災モデルの一つであるFDSを対象に,原子力発電所における換気制御条件下での大規模区画火災による温度上昇に対するモデルの適用性と入力パラメータの影響を調査した.入力パラメータとして区画形状,換気条件,発熱速度(HRR),燃焼モデル,格子間隔を変化させた解析結果と既往の試験データとを比較したところ,解析結果のほとんどは,15%の差の範囲内で試験結果と一致した.ただし,推定された温度と計測された温度との差は,区画内の酸素濃度が極端に低下する場合や換気条件が実態からかい離する場合には大きくなる傾向が見られ,HRRや換気の入力パラメータの不確かさの影響は,格子間隔等の他の入力パラメータの影響に比べて大きいことが分かった.さらに,区画の内外間のエネルギー収支において壁面伝熱の割合が高いことから,壁面伝熱に関する入力パラメータの不確かさも解析結果に大きく影響することが分かった.
[Abstract]
The applicability and the input parameter effects of a representative fire model, FDS, were investigated for temperature rising due to a fire in large-scale compartments under ventilation-controlled conditions in a nuclear power plant. The comparison with existing experimental results and the numerical results was made with variety of model parameters of compartment geometry, ventilation condition, heat release rate, combustion model, and grid spacing, which showed that almost all the results of the simulation agree with the experimental results within 15 % deviation in terms of temperature rise. However, the difference between simulated temperatures and measured temperatures tended to be large in cases where oxygen drastically decrease in compartments or ventilation conditions are unrealistic, suggesting that the effects of the uncertainty of the model parameters of heat release rate and ventilation were larger than the effects of other model parameters such as grid spacing. Moreover, the uncertainty of the model parameter related with heat transfer on walls also largely affects numerical results, since the ratio of heat transfer on walls is high in energy balance between inside and outside of a compartment.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

須藤 仁

地球工学研究所 流体科学領域

服部 康男

地球工学研究所 流体科学領域

白井 孝治

地球工学研究所 バックエンド研究センター

江口 譲

地球工学研究所 流体科学領域

佐野 理志

地球工学研究所 バックエンド研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
火災防護 Fire protection
火災モデル Fire model
区画内火災 Compartment fire
換気制御条件 Ventilation-controlled condition
温度解析 Temperature analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.