財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
N12009
タイトル
スウェーデン・ハードロック地下研究施設における高レベル放射性廃棄物処分のための国際共同研究(その11)−結晶質岩地域における長期間揚水試験の数値解析−
[Title]
CRIEPI and SKB Cooperation Report No.11 - Numerical Analysis for Long-term Pumping Test at Crystalline Terrain -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
フィンランドのオルキルオト島で実施された長期間揚水試験結果に、当所が開発した岩盤中地下水流動に関する数値解析コードFEGMを適用した。数値解析により、自然状態や揚水試験時に観測孔で計測された地下水位や水圧、ボーリング孔への地下水流入出量を良好に再現することができ、解析コードの有効性が確認された。また、オルキルオト島のような結晶質岩からなる岩盤では、サイトスケールの地下水流動は大規模な割れ目帯に支配されていることがわかった。今回、ボーリング孔で観測された地下水位や水圧に加えて、岩盤からボーリング孔への地下水流入出量を解析結果との比較対象に加えることにより、解析モデルの信頼性を高めることができたと考える。さらに、異なる深度から放出した地下水粒子がモデル境界に達するまでの時間を比較することにより、地下深部に廃棄物処分施設を建設することの優位性が地下水移行時間の観点から確認された。
[Abstract]
A numerical analysis code for groundwater flow in rock mass, FEGM, which was developed by CRIEPI, was applied to the results of a long-term pumping test conducted at Olkiluoto Island in Finland. The groundwater level, the groundwater pressure and the groundwater inflow into the observation boreholes measured under the natural condition or during the pumping test could be reproduced in numerical simulations with FEGM. From this, the effectiveness of the numerical code was confirmed. And it was found that the site-scale groundwater flow is dependent on large-scale fracture zones in crystalline terrane like Olkiluoto Island. In this study, the calculated values of the groundwater inflow into the observation boreholes as well as the groundwater level and the groundwater pressure were compared to the measured ones. As a result, the reliability of the analytical model was improved. In addition, the travel times of groundwater particles from different depths at the same point to the model boundaries were compared. And the advantage of constructing waste disposal facilities at deep underground was confirmed from the viewpoint of the travel time of groundwater.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2012
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/12
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田中 靖治

地球工学研究所 バックエンド研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
地下水流動解析 Groundwater flow analysis
揚水試験 Pumping test
割れ目帯 Fracture zone
結晶質岩 Crystalline rock
高レベル放射性廃棄物 High-level radioactive waste
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.